マンチェスターU所属のエレーラに興味

ミランはセントラルミッドフィルダーの調査を続けており、マンチェスター・ユナイテッドのアンドレ・エレーラの名が浮上している。


ミランにとってセントラルミッドフィルダーの補強は最優先事項となっている。そこでレオナルドTDはPSGのスター選手ラビオの獲得を目指しているが、もし彼が加入するとしたら契約が切れる来年の夏となるだろう。
しかし、ガットゥーゾ監督は1月の補強を要求しており、そこで1月に獲得可能なターゲットとして名前が挙がったのがアンドレ・エレーラである。

この29歳のマンチェスター・ユナイテッドの選手も間もなくフリーエージェントとなるが、どうやら両者は契約延長をしないように見える。

アンドレ・エレーラは2014年にアスレティック・ビルバオから約4000万ユーロで移籍し、これまでユナイテッドでレギュラー選手としてプレーしてきた。
ミランは次の冬の移籍市場にて通常よりも安価で獲得できる可能性がある。
このオールラウンドなミッドフィルダーはチームに必要な「経験」をもたらしてくれるはずだ。



ソース;AC Milan News







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)



関連記事
[ 2018/09/09 14:06 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する