ダニエル・マルディーニがトップチームの練習に参加

10月に17歳となるパオロの末子、ダニエル・マルディーニがミランのトップチームに参加した。


新たな「マルディーニ」がミランのトップチームにやってきた。ダニエル・マルディーニはパオロの息子であり、父や祖父とは違ってフォワードでプレーしている。
そんな彼が最近、11人の代表選手の離脱に伴い、ガットゥーゾ監督率いるトップチームに招集された。
その少年は非常に良く適応しており、イグアインや他の偉大なプレーヤーの隣にいてもうまく感情をコントロールしてプレーしながら才能を示している。

チェーザレのミランデビュー戦となった1954年から、今なおマルディーニ家はミランにいる。しかも、父親のパオロがディレクター職として復帰しており、息子の着実な成長を側で見守っているのだ。
昨シーズン、ダニエルはミランU-17で28試合に出場して13ゴールを挙げた。そして夏にはプリマヴェーラのチームにも参加した。

ダニエルは焦ってはおらず、とりわけ同じ年にセリエAでデビューした父親との比較も気にしてはいない。



ソース;AC Milan News







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(FC2ブログランキングへ)

応援する(BLOG RANKINGへ)



関連記事
[ 2018/09/08 22:14 ] 選手情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する