今夏、プレミアリーグからケシエにビッグオファーが届いていた!

ミランは今夏、より多くのお金を使っていたかもしれなかった。もし彼らがフランク・ケシエへの巨大オファーを断っていなければ…。



ジャンルイジ・ドンナルンマと同じく、ケシエは昨シーズンのミランで最も目立った選手だった。データを見れば、彼がミランとガットゥーゾ監督にとってどれだけ価値のある選手かがよくわかる。そして上層部は彼を高く評価しているがゆえに、ケシエへのクレイジーなオファーを断ったのだ。

今季プレミアリーグに昇格してきたウォルバ―ハンプトンは、ミランのヤングスターとの契約に躍起になっていた。
「スカイ」によると、ケシエには5500万ユーロのオファーが届いたそうだ。彼らはケシエの粘り強くアグレッシブなプレースタイルが、プレミアリーグのサッカーに非常にフィットする自信があったのだ。
しかしながら彼らのオファーはレオナルドTDによってすぐに断られた。


レオとマルディーニ、そしてガットゥーゾの3者はケシエを高く評価しており、間もなく緊張感のある交渉が始まるだろう。
彼の現在の契約は2021年、年俸は220万ユーロとなっている。

ケシエは昨年の夏に、総額2800万ユーロでアタランタから加入。彼の獲得は前スポーツディレクターであるミラベッリの案によるものであり、ローマとの争奪戦を制してのことだった。
昨季は54試合に出場して5ゴール。今季は既にローマから得点を挙げて幸先の良いスタートを切った。



ソース;AC Milan News







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(FC2ブログランキングへ)

応援する(BLOG RANKINGへ)



関連記事
[ 2018/09/07 12:13 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する