伸び悩む「天才」マストゥールがギリシャの地で再出発

ハキム・マストゥールはミランで最も優秀な若手タレントだと広く認知されていた。しかし、どこか途中で彼は道に迷ってしまった…。


人々は彼の輝かしい未来を予想していた。しかし、この攻撃的MFはそんな期待に応えることが出来なかった。

ミランは彼を成長させるためにあらゆる手段を講じ、その才能を示すチャンスを与えた。ユース時代に始まり、続いてマラガ、ズヴォレにレンタルで放出した。しかし彼はそこで何も成すことができなかった。このイタリア生まれのモロッコ人は与えられたチャンスを活かすことなく、何事もなかったかのように帰国を繰り返した。

6月30日に彼とミランの契約は切れフリーエージェントとなったが、彼と契約したいというクラブはセリエAからはおろかマイナーリーグからも出てこなかった。


「スカイ」の報道によれば、マストゥールはギリシャの地で再スタートを切ることになるという。スーパーリーグのクラブ、ラミアが彼にオファーを出し、交渉は最終段階に入ったようだ。ラミアは彼に、今まであまり見せたことのないタレントとクオリティを示すチャンスをもう一度与えることになるだろう。

しかし、ガットゥーゾですら彼を目覚めさせることができなかったことを考えると、ラミアにとってはタフな作業となりそうだ



ソース;AC Milan News





ミラニスタはもちろん、他サポの方でも彼の名を耳にしたことは何度かあるのではないでしょうか。

圧倒的なボールスキルを持ち、わずか15歳でミランのトップチームに招集されたこともある未来を嘱望された選手です。

しかし大怪我などがあり伸び悩んでしまい、ここ最近は全くといっていいほどポジティブなニュースがありませんでした。

非常に残念というほかありませんが彼もまだ19歳。ここからの奮起に期待したいですね。





最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(FC2ブログランキングへ)

応援する(BLOG RANKINGへ)



関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/09/06 08:45 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する