ベンフィカ戦の選手寸評



先日行われた、ミラン対ベンフィカの一戦は、0-1でベンフィカが勝利しました(試合内容については一つ前の記事にて詳述していますので、未読の方はコチラをご覧ください)

今回は、そんなベンフィカ戦における各選手の(独断と偏見による)寸評を行っていきたいと思います。
ただし時間がないので、その対象は特徴的なパフォーマンスを見せた選手についてのみとします(例えばドンナルンマは素晴らしいセーブをいくつか見せましたが、彼にとっては平常運転であり特に驚きはないため今回は寸評の対象外)。


ロマニョーリ

先日のバイエルン戦では軽い負傷により欠場しましたが、今回は先発フル出場。

何より特筆すべきは縦パスの積極性とその精度ですよね。
ミラン加入当初からパス精度の高さには定評がありましたが、更に上手くなりましたね。ここまで縦パスをズバズバと通したのは親善試合とはいえ非常に素晴らしかったと思います。

ジャンパオロの下ではCBにはビルドアップ能力の高さも求められますが、彼自身の能力については何の心配もいりませんね。

今季はあらゆる面で更に成長すると思いますし、今まで以上に欠かせない選手になりそうです。



リカルド・ロドリゲス

テオ・エルナンデスが負傷したことで、残留の可能性が浮上しているロドリゲス。
ビルドアップの局面での落ち着きはこの試合でも観られましたし、個人的にラクサールとの2者択一であればロドリゲスかなと思います。



ビリア

前半に関してはパスを散らしながら、ライン間へと正確な縦パスを通していく中々の活躍ぶりでしたが、後半は沈黙。
正直アンカーポジションの選手としてはもう少しマーカーを独力で剥がせる個の力や運動量、そして裏への正確なパスだったりサイドへのロングパスだったりが欲しいところ(後者に関しては味方ポジショニングにもよりますが)。


その点をベナセルには大いに期待していますし、このポジションの出来次第でチームの組織力が大きく変わってくるので彼のパフォーマンスは超重要ですし要注目ですね。

ビリアに関しては、(年俸を考えなければ)控え選手としては申し分ないと思います。



チャルハノール

流動的にフリーランしてパスを引き出し、ボールを前進させつつ自身も積極的にゴール前に顔を出してチャンスに絡むなど幅広い貢献を見せてくれました。

テンポ良くショートパスで繋ぐスタイルは彼の特徴とも合っていると思いますし、今季も貴重な戦力になれると思います。
ミドルシュートの精度・威力が戻ってきたのも大きいですね。



ボリーニ

彼については相当期待値が低かったため、想定を遥かに上回るパフォーマンスで驚きました(笑)
動き自体は悪くなかったです。ですがドリブルやパスといった個の力はどうしても限界がありますし、レギュラーは厳しいでしょうね。



スソ

前半に関しては中央にスペースがあったこともあり、中央でボールをを受け前線に鋭いスルーパスを通すなど存在感を発揮。右に流れてのクロスも良かったですね。

しかしスペースのなくなった後半は沈黙。疲労もあったでしょうが、やはり中央メインでプレーするのは難しいかなと。左には流れませんしね。



カスティジェホ

頻繁にDFラインの裏に抜けてロングボールを引き出しつつ、時にドリブルで仕掛けるなど存在感を随所に発揮。
前回よりは遥かに良かったですね。

選手層的に次もスタメンでしょうから、ユナイテッド相手にどこまでできるか見物です。



コンティ

あの守備はどうしたものか・・・。
現状の右SBのレギュラー争いはカラブリアの圧勝ですね。これではスタメン起用はできません。

困った時にいつも助けてくれたアバーテは今季からいませんし、カラブリアもちょくちょく怪我をする選手ですから今季のコンティに懸かる期待はとても大きいんですけどね。

なんとか復調してほしいです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

関連記事

スポンサーリンク

[ 2019/07/30 23:31 ] 試合 採点&寸評 | TB(-) | CM(6)

コメント失礼致します。
スソは予想通りという感じでしたが、コンティの出来は気になりますね。ただ単にコンディションの問題であれば、いいのですが、、。


やっぱりドンナルンマはいいキーパーですね。
[ 2019/07/31 00:38 ] [ 編集 ]

返信>>シェバシェバさん

コメントありがとうございます!

コンティは合計で1年以上もの間離脱していたわけですからすぐにトップフォームに戻るというのは難しいとは思いますが、昨季からあまり改善の兆しが見られないというのは不安ですよね…。
フロントは彼に全幅の信頼を置いているようですし、なんとかその信頼に応えて欲しいです。

ドンナルンマの安定感は素晴らしいですね。
当初は残留を諦めていましたが、無事残ってくれそうで良かったです。
[ 2019/07/31 02:51 ] [ 編集 ]

PMは色々やってとにかく可能性を模索し、シーズンに最高の入りをしてくれれば文句ないです。
コンティに関してはどうなんでしょうね。本来スリーCBのシステムのウイングバックですからね。評価を上げたアタランタでのこれまたチームメイトだったカルダーラ、ケシエがいる時に343や352のシステムのウイングバックで試してみて欲しいですね。つってもカルダーラは故障してるわけだし練習できてなきゃダメかw
要は、4312回帰は一部ミラニスタにとっては興味あるトピックである以上に、ジャンパオロが使い手たるメインシステムとして、シーズン入りまでに確立しなければならないのは前提中の大前提ですが、一方で、ゲーム内でよほど流動的に考え動く選手達でなければ、及第点位のプランBのシステムはいずれ必要になると思うのですね。それが専業ウイングを置くか、スリーバック+ウイングバックがいいのかはわかりませんが…
マッチレポでは後半機能しなかった選手が多かったようで、大胆にシステム変更してみても面白かったかもしれませんね。
[ 2019/07/31 02:55 ] [ 編集 ]

メッザーラに入ったチャルハノールとボリーニが試合中に何度もポジションチェンジをし、相手の人数が少なくなった側のスペースにボリーニを縦に走らせ、そこにパスを送るというシーンが前半のうちに何度かあったので、もしかするとボリーニのメッザーラ起用はこれが狙いだったのかなと思ったし、同時にこれはケシエが入った場合を想定してケシエ同様に走力と運動量が売りのボリーニを「仮想ケシエ」としてプレーさせてるのかなと思いました(単に中盤のメンツが足りなくて苦肉の策だったかもしれないけどw)
[ 2019/07/31 08:41 ] [ 編集 ]

返信>>ぬまぬさん

コメントありがとうございます!

現状結果は出ていませんが、ジャンパオロの下で生じた変化というものはピッチ上に表れていますしね。
メンバーをも考えるとここまでは悪くないPMだと思います。


僕も3バックは試してみても面白いと思いますね。
現状コンティが活きるのは間違いなくそちらでしょうし、カウンター特化のシステムとして352を選択肢に入れるというのは、長いシーズンを戦い抜く上でも重要かなと。
まぁ現状は4312の成熟が最優先ですし、3バックのオプション増やしはカルダーラが練習復帰する頃からですかね。
[ 2019/07/31 19:50 ] [ 編集 ]

返信>>Joie_de_Myaoさん

コメントありがとうございます!

なるほど、仮想ケシエですか…それは盲点でしたし、とても面白い予想だと思います。

ケシエは動き方とパス出しの意識さえ変われば意外と上手くハマるんじゃないかなと思っているので、早く練習参加して欲しいです。それでダメなら売却先を探す必要もありますしね。
[ 2019/07/31 20:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する