ローマがスソ獲得に興味を示す?



『Sky』を始めとする各報道によれば、ローマがスソに対し興味を示しているとのこと。

これまでスソへのオファーはなかったとのことでしたが、ここにきて遂に具体的な名前が浮上してきましたね。


とは言え、まだ具体的なアプローチはしていないらしく、現段階では調査に過ぎないとのことです。



これまで何度も書いているように、スソがジャンパオロの下で適応するのはかなり難しいと思いますし、それゆえ手放すという選択肢は十分にアリだとは思います。

ただ、その放出先がローマというのはどうなのかなと。


主力の多数放出などありますが、個人的にローマは来季も4位争いのメインライバルだと思っているので(今夏の移籍市場での結果にもよりますが)、そうしたクラブに渡すには惜しい選手だとも思うんですよね・・・。



スソは弱点も多いですがチャンスクリエイト力にかけては素晴らしいものがありますし、それは今季のミランでも十分に証明してくれました。

下手に下がらせることなく得意なエリア(右サイド深く)でボールを集めてあげれば輝く選手ですし、彼を組織の中に上手くはめ込んで使いこなせれば驚異的です。


今季のガットゥーゾはスソを使いこなすというよりは明らかに依存していましたし、1人でなんでもこなせちゃうわけではないため依存して良いタイプの選手ではないですからね。



ローマの新監督であるフォンセカについて僕はあまり知らないのですが、評判を聞く限りは組織を重視する監督っぽいのでスソを渡すのはかなり怖いですね。

まぁ個人的にイタリア国外からくる監督に対しては基本的に懐疑的なわけですが、ローマの場合は数年前にガルシアという素晴らしい監督を連れてきたこともあり、この人もやってくれるんじゃないかというイメージが強いです(笑)


少し話が逸れましたが、まぁそういうわけでスソの移籍自体には賛成でもローマ移籍はちょっとなーというのが今の率直な感想です。



続いて、スソが移籍する場合の取引形態についてなのですが、ローマ相手の場合一番あり得るのがトレード移籍です。

今報じられているところでは、シック、デフレル、パストーレなどの名前がトレード要員として挙がっていますね。

前者2人についてはジャンパオロの教え子であり、特にシックについては監督が再会を希望しているなんて話も以前ありました。


そしてパストーレですが、できれば7~8年前の彼に来て欲しかったというのが正直なところです(笑)
パレルモにいた頃の彼は本当に輝いていましたからねー。どことなくカカを髣髴とさせるプレーにはときめいたものです(笑)



さて。この3人のうち誰が含まれるとしても、おそらくミランは現金もセットで要求するでしょう。
スソはキャピタルゲインを生み出せる数少ない選手ですからね。ドンナルンマが残留に傾きかけている以上、スソ売却によってキャピタルゲインを得ることはより重要になっています。

問題は、両クラブが各選手にいくらの価値を見出し、そこにズレが生じた際に落としどころを見つけることができるかという点でしょうね。

具体的に、ミランとしてはスソに3000~4000万ユーロの値を付けているみたいですから、その額に相当する選手+移籍金を得られるかに注目ですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

関連記事

スポンサーリンク

[ 2019/07/15 23:49 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(8)

スソ売却については戦術、経営の両面で賛成なんですけど…ローマか…悩ましい所ですね
アトレティコはもうスソ考えてないのかな
ここはナポリに頑張ってハメス獲得してもらってアトレティコがスソ買ってくれるのが理想的でしょうか
そういえばフォンセカって昔ローマにいたFWの人なのかな?バルボとフォンセカの2トップはなんとなく覚えてる程度ですがセリエAダイジェスト見始めたくらいの時期の選手だったような気がします。
セリエAダイジェストなつかしいなぁ…
[ 2019/07/16 12:59 ] [ 編集 ]

ローマがスソに興味があると記事で見た時はよっしゃ!と思いましたが、確かにCL権を争うライバルなので悩ましいところですね。
キャピタルゲインを考えると移籍金のみが望ましいですね。3000万ユーロ位になればドンナルンマを安売りしなくても済みそうですしね。現実的ではありませんがエヴェルトンやディバラの獲得につながる結果になると最高ですね笑

ジャンパオロの影響で守備をサボらず、ピョンテクにもアシスト出来るようになれば応援したいですね。


[ 2019/07/16 21:25 ] [ 編集 ]

頭二つ三つ抜けているユベントスはもちろん、ソリッドなタレントと老獪な指揮官のナポリと、積極補強をしているインテルがリーグ戦三位までを確立してしまうならば、やはり格的には当面のCL圏争いはローマですからね。なんかスソタイプは馴染むような気もするし(怖)
ミランはとにかく取りこぼしを減らし耐久性の高い硬質なチームを作りあげないといけないのですから、当面のライバルを利するようでは…とにかくスソはスペインに高く売れて欲しいものですね
[ 2019/07/17 10:44 ] [ 編集 ]

返信>>すくろうさん

コメントありがとうございます!

まさにナポリ→ハメス、アトレティコ→スソが理想的ですね。
ナポリのハメス獲得は怪しくなってきましたが、なんとか頑張って欲しいです。


調べたところ、ローマで活躍したのはダニエル・フォンセカで、今回監督として就任したのはパウロ・フォンセカなので別人みたいです。

それとすくろうさんの仰る通り、ダニエルとバルボでホットラインを形成していたようですね。
僕はその頃のサッカーは全く知らないので凄く羨ましいです(笑)
[ 2019/07/17 19:20 ] [ 編集 ]

返信>>CL8さん

コメントありがとうございます!

現金のみだとすれば最低3000万ユーロは欲しいですよね。
問題は、ウンデルのいるローマがどこまで本気で獲りにくるかですね。

そうなんですよねー。残留するとしても、きっちりと戦術的な決まりごとを守った上でプレーできるなら何の文句もないんですけどね。
これまでの経緯からしてその可能性はかなり低そうなのですが…。
[ 2019/07/17 19:26 ] [ 編集 ]

返信>>ぬまぬさん

コメントありがとうございます!

ユヴェントス、インテル、ナポリは固いでしょうね…。
ミランとしては今季は有望な若手を育てつつジャンパオロの戦術を浸透させ、最終的に何とかして4位に滑り込めれば100点ではないでしょうか。

そのためにも、仰るとおり最大のライバルとなり得るローマとの取引には慎重になる必要がありますね。
[ 2019/07/17 19:31 ] [ 編集 ]

直接のライバルにスソを売りたくない思いはありますけど、彼がジャンパオロのサッカーに適応が難しいと判断されれば、ローマと取引するならシック+金銭がミランにとって最良の選択じゃないかと思います、もちろんキャピタルゲイン重視で現金のみも悪くはないですけどバイアウト満額は期待できませんからねw
デフレルもシック同様ジャンパオロの下で実績ありますが、年齢が5歳(23歳と28歳)違いますし、パストーレは既に30歳なうえにポジションも被る選手が複数いますから論外でしょうw
[ 2019/07/18 08:42 ] [ 編集 ]

返信>>Joie_de_Myaoさん

コメントありがとうございます!

仰るとおり、3者の中ですとスソとシックのトレードが一番望ましいと僕も思います。
問題があるとすれば、確かローマがシックを売却した場合、サンプドリアに移籍金の半分or2000万ユーロを払わないといけない点ですよね。

そうなると通常より高額な金額でシックを売りたがるでしょうし、トレード要員として盛り込んでくれるかは微妙なところです。
[ 2019/07/18 22:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する