Arrivederci CL...


ミラン対SPALの一戦は、2-3でアウェーのミランが勝利を収めました。

しかし、他会場のインテル対エンポリ、アタランタ対サッスオーロがそれぞれインテル、アタランタ勝利に終わったためミランはCL
圏外となる5位でシーズンを終えることとなりました。


外出前に今の思いを少しぶちまけようかなと。


まずは選手たちにお疲れ様でした、と。
疲れた体をしっかりと癒し、来シーズンに向けて充電して欲しいと思います。


そして監督も今までお疲れ様でした。
彼曰く「5位は失敗じゃない」らしいですし良かったですね。
来シーズンは別のクラブで頑張ってください。

まぁ僕は4位以内に入って欲しかったですし、『ELグループリーグ敗退、コッパ・イタリア準決勝敗退、リーグ戦5位』という今季の成績が「失敗ではなかった」とはとても思えませんけどね。


「クラブからCLを求められたことはない」とか言っていたそうですが本当ですかね。
スカローニ会長なんかはしきりにCLCL言っていた気がするんですけどね。



まぁいずれにせよ、CL権を獲れなかったということで主力の放出が不可避な状況となりました。

多額の移籍金を残せるであろうドンナルンマ、ロマニョーリ(ただし移籍金のいくらかはローマ行き)、少し値は下がるが買い手が見つかりそうなスソ、ケシエ、チャルハノール、クトローネ辺りが大好きって方は覚悟しておいた方が良いかもしれないですね。僕も滅茶苦茶辛いです。

それとバカヨコの買取はほぼ絶望的でしょう。


はぁ。


年明けから3月頃までは順調だったんですけどねー。

ミラノダービー敗戦辺りから大崩れしましたね。
それ以前は9人でガッチガチに守って崩しはパケタ様、得点はピョンテク様お願いしますといったサッカーで安定した勝ち点を取っていたのに、以後は中途半端に攻め始めてどっちつかずのサッカーになりましたしね。

まぁいずれにせよロングカウンターがまるで機能していませんでしたし、ピョンテクの疲労蓄積と共にチームの調子は落ちていったでしょうが。
守備的な戦術なのにカウンターが機能しないってセリエA(に限らないですが)じゃかなり致命的ですからね。

ただ逆に言えば、あの守備をベースにカウンターの練度を磨いて上乗せしていれば今よりも安定した戦いができたとは思います。



ふう。


とりあえず頭に思い浮かんだことを書きなぐっていたら2割ほど心のモヤモヤが晴れました(笑)

時間もなくなってきたのでひとまずはこの辺にしておきます。

SPAL戦のマッチレポートは昼間か、遅くとも今日中には上げる予定です。といっても試合中に書いたメモをそのままのっけるだけのいつもの奴ですが。



おそらく相当の心的ダメージを負ったミラニスタの方もいると思いますが、心を強く持って頑張りましょう。

ストレスのやばい方は(他人にできるだけ迷惑をかけない範囲で)しっかりと発散しましょう。

僕のように、今抱えている気持ちをどこかで(一線を越えない程度に)書き殴るというのも1つの手段です。
何なら当ブログのコメント欄に書いてくださっても構いません(笑)



最後に。総合的には「失敗」と感じてしまう18-19シーズンでしたが、だからといってこのシーズンで味わった感動や興奮、何より監督・選手たちの頑張りといったものすべてを否定するつもりは毛頭ございません。

ですので、落ち着いたら冷静に今季の良かったところでも振り返っていこうと思います。


今回はこの辺で。

来季以降もよろしくお願いいたします!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

関連記事

スポンサーリンク

[ 2019/05/27 07:38 ] 試合 | TB(-) | CM(8)

はじめまして!
長いシーズンお疲れ様でした!
様々な記事をアップされているのをいつも楽しみに拝見していました!

そしてCL…
唯一といっていい程にフロントも選手もファンも望んだ4位以内という目標は勝ち点1の差で届かず…
まあこんなにも不安定で中身のないサッカーをしているにも関わらず5位というのもある意味どうなのかとは思いますが…

とにかくこの順位で終わってしまった以上、バカヨコやドンナルンマ(兄弟)はいなくなってしまうんですかね…

今シーズンの良かった所は難しいですが…
中盤の怪我人が多い時にバカヨコが覚醒しはじめ、CBが怪我等でいなくなってもアバーテサパタが穴をしっかり埋め、少なすぎる攻撃機会でも腐らずゴールを目指し続けたクトローネ、そして何よりも見ているこっちが驚くようなビッグセーブを見せてくれたドンナルンマ!

こうやってあげていっても来シーズンには居ない選手もいると思うと今から喪失感でいっぱいです…

長々と失礼しました。
言葉をうまくまとめられず…

今後ともよろしくお願いします!
[ 2019/05/27 08:01 ] [ 編集 ]

こうなる可能性が高かったのは確かだが現実になると言葉も出ない
今季CLを得れないのは解体に等しい
監督の続投も含め今季を振り返っても色々手を打てた瞬間が多過ぎて整理出来ない
この惨状でアバーテを切った事によって勝者の魂を抜かれ
その上ドンナルンマ、ロマニョーリ、スソ、ケシエ、チャルハノール、クトローネも危うい
バカヨコの買い取りは事実上消滅でピョンテクですら残るか分からない

私はミランの選手は全員好きだ
アバーテは勿論、ドンナルンマ、ロマニョーリ、クトローネは特に好きだ
バカヨコは短い期間なのに何故か妙に愛着が湧いてしまった
もし彼らが去れば耐えられそうにない

恐らくガスペリーニはミランに来ない来るわけがない
アタランタのガスペリーニへの信頼は本物でリスペクトを感じる
そしてガスペリーニも最高の結果を返し続けてる
今の彼を引き抜けるクラブがあるとしたらユベントスだけだろう

来季が来るのが怖い
インテルは順調に階段を上ってコンテもほぼ確定してる
インテルは来季素晴らしい監督と素晴らしい選手と共に素晴らしいサッカーを見せるのだろうか
そしてそれを見せつけられるのだろうか
マロッタの手腕は信じるに値するもので安心を得られるだけの実績がある
ミランは内部の方向性が一つに纏まってない気がする
何故か選手同士のピッチ内での関係性すらえらく軽薄に映る

勝利を連想させるようなアイコンが必要だったのかもしれない
アバーテが退団したニュースの際にイブラ復帰を反対したのはガジディスだというニュースも見た
その判断にとても悲しくなった彼はセリエの勝利の象徴だから
ミランで骨を埋めたいと言ってくれた最後の勝者のエースだったから
年老いた彼が戻ったとして善くなったかもしれないし逆に悪くなったかもしれない
それは分からない分からないが・・・闇雲にでも縋るものが欲しかった心の支えが

マルディーニの顔を見る度に悲しくなる
今すぐにピッチに入って導いて欲しいと思ってしまう
最近やけに昔のチームを思い出す
カカやシェバやピッポやピルロがいた時代、イブラやシウバやカッサーノがいた時代
結果的にそれがあまり良いものじゃなかったとしてもカカが帰って来た時は嬉しかった
本当にただただ嬉しかった

呆然としており支離滅裂なコメントを垂れ流してすみません、頑張りましょう。

Forza Milan
[ 2019/05/27 09:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/05/27 12:55 ] [ 編集 ]

返信>>ゴジラさん

コメントありがとうございます!

内容を踏まえると、5位という結果すら上出来のように思えてしまうのは良く分かります。
勝ち点的には3位4位と僅差でしたし、CL権を取れなかったのは本気で悔しいんですけどね・・・。

ドンナルンマもバカヨコも、今季のチーム内でトップクラスに活躍してくれましたからねー。
彼らの残留はかなり難しそうですが、どうなりますかね。


こうして振り返るとアバ―テCBが個人的には一番驚きでしたね(笑)
しかも素晴らしいプレーでしたしね。これ以上彼のミランでのプレーが観られないのは残念でなりません。


いつも見てくださっているとのことで、誠にありがとうございます!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2019/05/27 20:16 ] [ 編集 ]

返信>>名無しのミラニスタさん

コメントありがとうございます!

来季のCLを逃したことで、ミラン復権が大きく遠のいたことは間違いないでしょうね。
何より今季を通じてチームへの一貫した戦術の浸透といったことは一切為されなかったわけですが、これでガットゥーゾ監督が続投して主力選手を失ったまま来季を迎えたらどうなってしまうんでしょうかね。
来季の戦力低下はほぼ不可避な状況なわけで、そうした状況をどうにかするには確固とした戦術の用意だけだと思うんですけどね。

アタランタの団結っぷりは傍から見ていても感じますし、正直凄く羨ましいです。
ガスペリーニ本人もやる気満々みたいですし、来季もアタランタでしょうね。

インテルのコンテ招聘は本当に素晴らしい判断だと思いますね。
年俸が高すぎるとの声もあるようですが、優秀な指揮官にお金を出し惜しみしない姿勢は非常に大事ですし、ミランも見習うべきではないでしょうか。

イブラが冬に戻って来た場合のIFは僕も何度も考えました。
良くも悪くも劇薬となったことでしょうし、今のミランに欠けているものを持っている男であることは違いないですからね。


どちらの時代も最高でしたね。
戦術は違いましたがどちらも強く、老獪で、何より魅力的なチームでした。
いつの日かまた、彼らと比肩し得るチームが誕生することを願います。
[ 2019/05/27 20:17 ] [ 編集 ]

返信>>2019/05/27 12:55

コメントありがとうございます!
非公開とのことですので、内容への詳細な返信は控えさせていただきますが、しっかりと読ませてもらいました。

そのように仰っていただけるのは当ブログ管理人として冥利に尽きますし、本当に本当に嬉しいです!
これからもよろしくお願いいたしますね!
[ 2019/05/27 20:21 ] [ 編集 ]

厳しい。厳しすぎる。
今夏はFFP絡みも含めさらに厳しい思いをすることになるでしょうね…
ミランの再建は5年、いや10年遅れるかもしれません
しかしながらですよ
厳しい時こそ応援しましょう!
カカニスタさんの更新も楽しみ待ってます!
[ 2019/05/27 20:27 ] [ 編集 ]

返信>>すくろうさん

コメントありがとうございます!

厳しい時こそ応援する、まさにそれが大事なことだと思います。
ミランが復活を果たした時、その喜びもひとしおでしょうしね(笑)

ありがとうございます!
今後も当ブログもよろしくお願いいたします。
[ 2019/05/27 21:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する