コンティ「あの大怪我がなければ…」



ミランのDFアンドレア・コンティが『DAZN』に対し、かつての自身の大怪我について言及しました。

「僕は未だに怪我のことを考えてしまう。思うようにプレーできない時なんかは特にね。今では、かつて見せていたようなパフォーマンスを発揮するのはより難しくなってしまった。」

「もしもあの2つの怪我がなければ、自分はどのような選手になれたのだろうかとよく考えるよ。この問いは、今後も僕のキャリアを通して付いてくるものだろう。でも克服しなければならないね。」

「CLの有無に関わらず、僕はミランに残留したい。ここにいるととても落ち着くし幸せだ。でも、それができるかは僕次第だね」


ソース;Calciomercato.com



最近、かつて(怪我前)のコンティのプレーを見返したのですが、やはり今とは全然違いますよね。

キレのある動きと爆発的なスピードを兼ね備えたドリブル突破は非常に驚異でしたし、積極果敢に相手DFライン裏に抜け、果てはエリア内に侵入してゴールを狙う動きなんかはもはやFWでしたね(笑)


今の彼はSBでの起用が多いことや、そもそも彼の得意な形(前方にドリブルのためのスペースがあったり、ワンツーパスでの突破が出来る状況だったり)が作られていないといった外的要因もあるでしょうが、やはりプレスをかけられた際の落ち着きですとか、プレーのスピード、1対1などの個人能力も明確に下がってしまっているかなと。


本人としてもおそらくそれを自覚しており、だからこその上記の発言だと思います。


ただ、コンディションの回復と共にある程度はかつてのパフォーマンスを取り戻せると思いますし、個人的には来季以降の復活に期待している選手です。


出来ればWBで起用して欲しいんですけどねー…。3-5-2のWBで起用したら凄く面白そうですし活きると思うのですが。


新監督が3バック志向であれば大いに期待できそうですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

関連記事

スポンサーリンク

[ 2019/05/11 19:30 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する