バッカ ウェストハム移籍を拒否 

【要約】

○移籍金3000万ユーロでクラブ間合意に至り、バッカに対しては420万ユーロの年俸を提示。しかしバッカがこれを拒否

○バッカはアトレティコ・マドリーを始めとするビッグクラブへの移籍を希望

○バッカの移籍金をビジャレアルDFマテオ・ムサッキオ獲得の費用に充てようとしていたミランだったが、これにより再考を余儀なくされる



ソース:『ガゼッタ・デッロ・スポルト』


スポンサーリンク


ほぼ決まりかと思われていたバッカの移籍ですが、本人の意思によりひとまずは残留することになりました。

しかし現状に満足していないバッカ、そしてバッカの放出により得た資金を手薄なポジションの獲得費用に充てたいミランの利害は一致しており、移籍の可能性は充分に考えられるでしょう。


順調かと思われていた身売りの件が停滞し、それに伴い移籍市場での動きが制約されているミラン。

そして今回の一件でまたもや計画の見直しを余儀なくされました。


モンテッラのためにも、早く陣容を整えてほしいところです。





最後まで見ていただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)

関連記事
[ 2016/07/17 00:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する