クリスティアン・サパタ 左足首の手術により開幕戦欠場へ

>ミランに所属するコロンビア代表DFクリスティアン・サパタが、左足首を負傷したことで手術する必要がでてきた。11日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 >同メディアによると、サパタはコロンビア代表としてコパ・アメリカに参加しており、その期間中に負傷していたとのこと。協議した結果、数日以内に手術を行うことが決まったようだ。これにより、リーグ開幕に間に合わない見通しとなった。

 >サパタは今季公式戦21試合に出場している。ベンチ入り止まりの試合は多いものの、フィリップ・メクセスやアレックスなどが契約満了で退団したため、サパタの重要度は増していた。ただ、起用することが難しくなったため、今夏の移籍市場でCBの補強は急務になっている。

引用:Yahoo!ニュース

スポンサーリンク


今のところロマニョーリの相方はサパタだと考えられていたこともあり、この離脱は非常に痛いですね・・・。

サパタは高い身体能力と優れたカバーリング能力を持つ一方で、安定感がなく、CBの中心に据えるにはやや物足りない選手ではあります。しかし調子の良いときの彼のプレーは素晴らしいですし、控えとしては申し分のない選手でしょう。

新加入(予定)のレギュラーCBが機能しない場合の担保としても、是非とも開幕戦からいてもらいたかったところです。



これにより、(もともと必須ではありましたが)CBの獲得が急務となりました。

ガッリアーニCEOの働きに期待したいですね。




最後まで見ていただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)

関連記事
[ 2016/07/15 00:00 ] 選手情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する