【エンポリ戦】 ガットゥーゾ監督試合後インタビュー&雑感



セリエA25節、ミラン対エンポリの一戦は3-0でミランが勝利を収めました。

そして試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。


「前半のパフォーマンスは気に入らなかった。エンポリを苦しめることなくただボールを回していただけだったからね。私は激怒したよ。ハーフタイム後になって動きはずっとよくなったね。」

「パケタは風邪の影響で今週は1度しか練習できなかった。」


ソース;sky sport italia




今のミランだと守備的な相手から先制点を奪うのに多少の時間がかかってもおかしくないと思ってはいたのですが、それにしても前半は良くなかったですね。


その理由の1つとしてパケタの不調(といっても普段と比べてという意味です。攻守においてそつなくこなしてはいました)が考えられましたが、やはりコンディション不良だったようですね。

ただそういった状況でも先発ですから、彼が如何にチームにとって重要な選手かがわかります。



試合に関しては後半早々に点を奪ってくれたので、それからは安心して観られました。


今のミランはとにもかくにも守備が重要です。無失点に抑えさえすれば後はピョンテク、チャルハノール、パケタ辺りが勝手に点を取ってくれますからね(笑)


カウンターの精度には相変わらずの課題は残りますが、この試合もクリーンシートで抑えられたのは大きいですね。




最後に注目の右サイドコンビについてですが、2人とも素晴らしいプレーで結果を残してくれましたし、カスティジェホに関してはこの試合の個人的MOTMです。

ただ、プレーに関しては良くも悪くもこれまで通りだったかなと。


彼はキック精度が高いためシュートやクロスが正確ですし、守備にも非常に献身的に走り回ってくれます。

一方で周囲の使い方が上手くなく、細かいテクニック(狭い場所でボールを受けてキープ、またそこから散らす能力など)はあまりないのである程度スペースがないと厳しい部分があります。


コンティとプレーエリアが被り、かつ相手が引いて守ったことで使えるスペースの少なかった前半のパフォーマンスが悪かった一方で、コンティとの連携が多少改善し、かつミランの先制後に相手が前掛かりになったことでスペースの出来た後半のパフォーマンスが素晴らしかったのは偶然ではないでしょうね。


ですので、この試合のパフォーマンスを以てスソより攻撃においても有用だと断言するのは早計だと個人的には思います。

元々スペースがあればこの位はやれていた選手ですしね(サッスオーロ戦が典型例)。


もう少し味方を使える選手になれれば更なる活躍も見込めると思いますし、今回の結果を糧に大きく成長して欲しいですね。



コンティに関しては、良いところと悪いところの両方が出たかなと。
クロス精度についてはもはや正確無比の一言に尽きますし、この試合でもカスティジェホに見事なクロスを上げて3点目をアシストしました。


一方で、攻め上がりのタイミングや守備全般の動きは気になりましたし、まだまだ本調子からは遠いのかなと。

ただし、特に前者に関しては試合勘の問題が大きいと思うので、今後も継続的に起用されていく上で改善されていくかなと思います。


個人的にはスソとコンビを組んだ時にどういうプレーになるか見てみたいですね。守備面はかなり心許ないですが(笑)


関連記事
[ 2019/02/23 11:06 ] 試合 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する