ブロッキ元監督 ミランの態度に恨み節 「信頼を感じることはできなかった」

>昨季ミランで暫定監督を務めたクリスティアン・ブロッキ監督はフロントが自身を信頼しなかったことを嘆いている。10日、イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』が報じた。

 >ブロッキ監督は昨季途中よりミランの暫定監督に就任。しかし、チーム状況を好転させることはできずに順位を一つ落とし、ヨーロッパリーグ出場権を失った。また、コッパ・イタリア決勝ではユベントスに敗れチームは無冠に終わっている。

 >今季よりセリエBのブレシア指揮官に就任することが決まったブロッキ監督。ミラン時代については「ミランには感謝している。しかし、私は信頼を感じることはできなかった」と不満を述べた。

 >ブロッキ監督についてはシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長は続投を望んだものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが新監督の招聘を希望しヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任した形だ。ブロッキ監督はガッリアーニCEOについて「全員に好かれることはできないよ」と語っている。

 >三年連続UEFA大会出場を逃しているミラン。モンテッラ新監督の手腕に注目が集まっている。


引用:yahoo!ニュース

スポンサーリンク


自分はもともとブロッキ監督に反対(というよりはミハイロビッチ解任に反対)でしたし、多くのサポーターも同じでしょう。

ブロッキに代えたところで良くなるビジョンは思い浮かびませんでしたし、一方で会長の後押しで就任した彼が4-3-1-2のポゼッションサッカーに方針転換して迷走するのは目に見えていましたからね。そうしたら案の定・・・。

しかしまぁ火中の栗を拾う形での途中就任となったわけで、あの状態のチームをサポートもなく制約も付けられてどうにかしろというのは明らかに理不尽ですよね。


会長には本当に、「自重」「我慢」という言葉を覚えていただきたいところです。




ブレシアでは比較的自由にやれるでしょうし、ブロッキには1から頑張ってほしいですね!




最後まで見ていただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)

関連記事
[ 2016/07/13 00:00 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する