【ユヴェントス戦】 ガットゥーゾ試合後インタビュー


日本時間深夜から早朝にかけて行われたスーペルコッパは1-0でユヴェントスが勝利をおさめました。

そして、試合後にガットゥーゾ監督は以下のように答えました。


「チームを称賛しなければならない。偉大な対戦相手に対して激しい戦いをしてくれたからね。」

「ファイナルの舞台で負けるのはいつだって悔しい。判断を下すのは私ではないが、ケシエの退場は妥当だと思う。」

「イグアインは昨夜高熱を出した。長い時間プレーできないから代わりにフレッシュな選手を先発で起用したんだ。」


ソース;Rai sport




負けはしたものの、想定以上に面白い試合だったと個人的には思いますね。

前回の記事でも書きましたが、やって欲しかった「中途半端なハイプレスをせずに引いて守って(ロング)カウンター」を忠実にこなしてくれましたし、実際にゴールまであと一歩の所まで迫りました(クトローネのバー直撃シュートが最たる例)。

攻守に重要な存在であったカスティジェホがガス欠を起こし始めてから一気に劣勢となりましたし、なんとかその時までに点を奪いたかったところでしたね(詳しくは後のマッチレポート記事にて)。



そして何よりこの試合では、ずっと希望していた縦に速いサッカーをようやくやってくれました。

選手・監督の能力的にもこれがベストですし、ポゼッション重視のサッカーより機能することはこの試合からも明らかです(もちろんポゼッションを放棄しろというわけではありません)。

今後も続けて欲しいですね。というかこれじゃないとCLはかなり厳しいかと。



イグアインについては、正直なところ代役の(優秀な)CFさえ獲ってくれれば戦力的には何の問題もないと思います(財政的にはヤバそうですが)。

チームが彼を活かせていないのは事実ですが、彼自身のパフォーマンスもずっと悪いですからね。
下がってボール受けてばかりで裏抜けしなかったり、クロスに対して棒立ちだったりは流石に個人の問題でしょう。


このまま移籍するとしたら歯がゆくはありますが、ミランはともかくイグアインにとっては良い選択だと思います。



関連記事
[ 2019/01/17 08:30 ] 試合 試合後インタビュー | TB(-) | CM(2)

負けましたけど良い試合でした
現在のミランでは将来性が見える内容だと負けても少し救われます

イグアインについてはカカニスタさんが言われる通りだと思います
チームだけでなくイグアイン自身にもかなり問題な部分があると思います
ですが…キレてた頃のイグアインを良く知っているだけに良い関係を築きたかったです
ミランを出るともっぱらの噂ですので
相手DFへの駆け引きが全然見られなかったりするのを見るとメンタル的にやられてるでしょうね
個人として好きか嫌いかは置いておいて色んな意味で残って欲しいですよ正直
彼の失敗は色んな意味でミランにも負のイメージがつきますし
イグアインに失望しきった訳でもないので
[ 2019/01/17 23:57 ] [ 編集 ]

返信

コメントありがとうございます!

そうですよね~。
正直なところ、前回の対戦のようにほぼ何もできずにやられると踏んでいただけに、今回のように改善の兆しを見せてくれたのは本当に嬉しかったです。


イグアインはユーヴェ戦後から明らかにおかしくなってしまいましたね…。
もっとやれる選手だと思うだけに厳しい目で見てしまいますし、低パフォーマンスの時のがっかり感は大きいです。


そして移籍はほぼ決定的のようですね…。
このような形で別れるとは獲得前は予想だにしませんでしたし、かなりショックです。


>>彼の失敗は色んな意味でミランにも負のイメージがつきますし

全くもって仰る通りだと思います。
[ 2019/01/18 14:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する