移籍の噂、情報アップデート;ベルトラッチ、ハリロビッチ、チャルハノール



ベルトラッチ

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ベルトラッチとジェノアとの間の交渉が合意に達したようです。

 ミランとの契約は今年の6月までですから、おそらくフリーでの放出が濃厚でしょうね。

 
ハリロビッチ

 『スカイ』によると、トルコのベジクタシュがハリロビッチ獲得に近づいているようです。
 これまでは主にエスパニョールなどのスペイン方面からの興味が噂されていただけに、意外な移籍先ではありますかね。

 彼の場合はまだ契約が数年残っているため、移籍金はいくらか入りそうですね。



チャルハノール


 チャルハノールに対しては、依然としてライプツィヒが強い関心を示しているようです。
 『カルチョメルカートドットコム』の最新の報道によれば、ライプツィヒは移籍金1500万ユーロでオファーしたものの、ミランは最低でも2000万ユーロを要求しているとか。

 ちなみにこの移籍に関してはガットゥーゾ監督が反対しているそうです。



 いくら不調とは言え2000万ユーロは安過ぎる気がしますし、彼に代わる選手が今のチームにいない以上僕もこの移籍には反対です。

 仮にチャルハノールを出した場合は、現在噂されているセンシの獲得は絶対として、ウイングの獲得も必須になるでしょう。

 果たして2000万ユーロで彼らを獲得することができるのか…僕には甚だ疑問です。
 それに何より、監督が重要視している選手を放出するべきではないでしょうしね。
 

ようやく左インサイドハーフで起用され始め、持ち味が発揮できそうな状況になりつつある現在。

 昨季後半戦のような輝きを、今季後半戦もミランで見せてほしいですね。


関連記事
[ 2019/01/09 19:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する