ガットゥーゾ「デュドランジュを過小評価しない」

ミランのガットゥーゾ監督がデュドランジュ戦を前に、チームについて語りました。

「デュドランジュとの初戦で我々がどれだけ苦戦したか忘れてはならない。彼らを警戒する必要がある。過小評価はしていないよ。」

「チームにいくつかの変更は加えるが、ELは我々にとって重要な大会だ。明日の試合は勝たなければならない。」

「(怪我人について)ボナベントゥーラの長期離脱は問題だ。彼は1ヶ月USに留まり、それからここに戻ってくる。ムサッキオは来週からランニングを再開する予定だ。」

「2週間でロマニョーリが起用可能になることを願っている。カルダーラは2月に復帰する。ビリアは長期離脱だろう。」



情報ソース;calciomercato.com



対戦相手のデュドランジュは既にGL敗退が決まっていますし、戦力的にもミランが圧倒していると思います。

しかしガットゥーゾ監督の言うように、油断してはならない相手であることは間違いありません。
前回の対戦のように、一点しか取れないといった事態は避けなければなりませんね。



負傷者の続出もあり、この試合ではこれまで出場機会に恵まれなかった選手(ベルトラッチやハリロビッチなど)が多数出場することが予想されます。

彼らにはこの試合で存分に活躍してもらい、リーグ戦でも起用されるようになってもらいたいですね。



サッカーランキング


関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/11/29 04:32 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する