イブラヒモビッチ、ミラン復帰が目前に イブラ「ミランでの日々は素晴らしかった」



ついに交渉合意か

 遂にイブラヒモビッチとミランの交渉が成立し、イブラのミラン復帰が目前に迫っているとイタリア各紙が報じました。



 契約年数が争点の1つとされていましたが、イブラはミラン側の希望である半年契約という条件を呑んだようです。

 年俸に関しては諸説ありますが、大体220万ユーロ~300万ユーロみたいですね。

 
本人のインタビュー

 そして当のズラタン本人は最近、『Vanity Fair』に対し、かつてのミランでの日々について語りました。

「ミランでは素晴らしいシーズンを過ごした。あそこには最高の雰囲気がある。俺は移籍したくなかったが、クラブがPSGに俺を売ったんだ。」

 「ミランで俺は得点王になれたし、セリエAのタイトルも獲った。」

 「当時のクラブには多くのレジェンド選手がいた。彼らとプレーできたのは幸運だったね。」

 「LAにあと1年残る可能性はある。だが、俺がミランを気に入っているというのはみんなが知っているね。バルセロナでは辛かったが、ミランに来てすべてが変わった。そこで俺は再び笑顔になれたし、彼らの信頼に応えたいと思ったんだ。」



 ソース;calciomercato.com




 イブラがミラン残留を望んでいたという話は前からありましたね。
 思えば、当時のチームの絶対的主力であり、クラブやファンと相思相愛であった彼との別れは本当に辛かったです…。

 そんな彼が6年半ぶりにミランに戻ってくる(ことがかなり濃厚)というのは非常に感動的です。

 FFPの問題があるため正式発表にはもう少し時間がかかるでしょうが、その時が来るのを楽しみに待ちたいですね。



にほんブログ村

関連記事
[ 2018/11/24 02:59 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する