ミラン、ユヴェントスDFベナティアに興味か



 カルダーラ、ムサッキオの長期離脱に伴い、CBの補強の必要性が高まっているミラン。
 これまではサンパウロに所属するブラジル人ロドリゴ・カイオの名が頻繁に挙げられていましたが、ここにきて新しい選手が浮上しました。

 それはユヴェントス所属のメディ・ベナティアです。彼はボヌッチの復帰に伴い出場機会が大きく減っており、先日には1月の移籍を示唆するようなコメントも残しています。

 そんなベナティアに対してはマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルも興味を示しているとのことですが、『メディアセット』によると、ミランは1500万ユーロでの買い取り義務付きのレンタルオファーを出す可能性があるとのことです。


 個人的にはかなり良い補強なのではないかと。
 セリエAを既に良く知っているため、適応のための時間は他リーグから来る選手と比べて遥かに短く済みそうですし、彼のように経験豊かな選手というのはロマニョーリやカルダーラといった若手CBにとって良い見本になってくれそうですしね。

 ユヴェントスへの不満は主に出場機会の少なさに起因するものですし、ミランに来れば少なくともその点は解消されるでしょう。

 金額の問題もあるでしょうが、実力的には是非とも狙ってほしい選手です。





にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/11/10 19:24 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する