ブンデスリーガの2クラブがチャルハノールに興味か


 『カルチョメルカート』によれば、未だ具体的なオファーはないものの、フランクフルトRBライプツィヒの2クラブがチャルハノール獲得に興味を示しているとのことです。

 今季ここまでのチャルハノールは、ピッチ外でのいざこざもあり昨季後半戦のような輝きを取り戻すことができておらず、そのためかこういった移籍の噂も出てきました。

 冬にパケタが加入することで出場機会が減る可能性も取り沙汰されていますが、どちらにしろ僕は彼の放出には反対ですね。

 チャルハノールはミランでも数少ないパスの出し手となれる選手(好調時はパスの受け手としても素晴らしい)ですし、その貴重さはパケタ1人が加入しても変わることはないでしょう。

 それに、パケタには僕も大いに期待しているものの、欧州の舞台へと移ってすぐに活躍できるかはわかりませんし、むしろ適応に多少の時間はかかると予想されます。

 チャルハノールならばまた復調して素晴らしいプレーを見せてくれると思いますし、まだまだミランの10番としてプレーする姿が観たいですね。



にほんブログ村

関連記事
[ 2018/11/06 18:06 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する