【キエーボ戦】 伊メディアの本田への評価は分かれる

伊メディアが下した、キエーボ戦における本田圭佑選手の評価をまとめました。

①「milannews.it」
評価:6点
寸評:右サイドで無尽蔵の動きを見せ、小型バイクのようだった。時間を追うごとにプレーは向上していったが、ラストパスの精度を欠いた

②「カルチョメルカート・コム」
評価:6点
寸評:前半は、まあまあ。後半に良くなった。右サイドで1対1を突風のように突破したことがミランに勢いを与えた。美しいクロスでバッカのヘディングシュートを導いたが、残念ながらボールはサイドネットだった

③「トゥットメルカートウェブ・コム」
評価:5・5点
寸評:前半は良くなかった。後半はポジティブになっていったが、重要な場面でのミスが目立った

④「ガゼッタ・デッロ・スポルト」
評価:5・5点
寸評:後半は2本の良いクロスを放ち、気持ちの強さを取り戻した。けれども、存在感を示すことができなかった前半のパフォーマンスを巻き返すまではできず


引用:①~③はコチラ、④はコチラ

スポンサーリンク


個人的には6点くらいが妥当かなと思いますね。そして①の寸評が一番適切かな、と。

結果を残すことはできませんでしたが、2度の好クロスだったり、ボールキープだったり、4~5回1対1を制したりなど身体のキレは相変わらず良かったですよね。ミスが極めて少なかったのも好印象です。

ただし、シュートチャンスが訪れた際にパスを選択、そしてそのパスが通らなかったシーンが一度ありましたが、あのシーンはシュートを打って欲しかったですね。右足だったので躊躇ったのでしょうが。


次節のラツィオ戦こそ結果を残し、気持ちよく代表ウィークを迎えてほしいですね!
関連記事
[ 2016/03/17 20:39 ] 本田圭佑 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する