サパタにトルコの2クラブが興味を示す?



 トルコメディアによると、ミラン所属のサパタに対してトルコのクラブが1月の獲得に興味を示しているそうです。

 トルコ紙『Fanatik』によれば、そのクラブとはトラブゾンスポルとガラタサライとのこと。

 トラブゾンスポルはクツカとソサをミランから獲得した過去があり、良好な関係が窺えます。ガラタサライは日本の長友選手も所属しているトルコの強豪クラブです。

 個人的にサパタの来夏の放出(契約満了)は確実だと思っているのですが、どうやら1月の放出もあり得るとのことです。

 仮にそうなるとすれば、CBの補強は絶対に必要になりますね。現在のCBの実質的戦力はロマニョーリ、ムサッキオ、サパタ、カルダーラの4人ですが、カルダーラは負傷により数カ月の離脱が決定しています。
そこでサパタまでいなくなるとすると控えがいなくなりますからね。

 獲得候補としてはロドリゴ・カイオ、そして最近チアゴ・シウバの復帰というセンセーショナルな噂もあがっていましたね

 個人的にはシウバに戻ってきて欲しいですが…。



にほんブログ村

関連記事
[ 2018/11/02 09:52 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する