【ジェノア戦】 ロマニョーリ「勝利に値した」



日本時間早朝に行われたミラン対ジェノアの1戦は、2-1でミランの勝利に終わりました。

試合後、アディショナルタイムに決勝ゴールを決めたロマニョーリが『スカイ・スポーツ』に対し、以下のように語りました。

「オウンゴールについては謝罪する。不運な失点だった。でもアディショナルタイムでの決勝ゴールで挽回できたね。思うに、僕たちは批判を受けすぎている。」

「結果が重要だ。僕たちは勝利に値した。今後も改善し、常にトップに近い順位を維持しなければならない。ゴール?あれはクロスじゃなくてシュートを試みた結果だよ。」



まぁ確かに失点は結果的にロマニョーリのオウンゴールとなったわけですが、あれはシュートに持ち込まれるまでの流れに問題がありましたね。

決勝ゴールについては見事の一言でした。何というかイブラを思い出しました(笑)

ちなみに同一試合でゴールとオウンゴールを決めたミランの選手は2009年のチアゴ・シウバ以来だそうです。





にほんブログ村

関連記事
[ 2018/11/01 08:05 ] 試合 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する