クトローネ「イグアインはいつも貴重なアドバイスをくれる」





サンプドリア戦では1ゴール1アシストの活躍を見せ、チームの勝利に大きく貢献してくれたクトローネ。

そんな彼が『Milan TV』に対し、チームやイグアインについて語りました。

「今日はみんなが僕を助けてくれた、それに、今日の僕たちは団結したチームということを証明したね。」

「批判はサッカーの一部さ。火曜日、僕たちには4位にステップアップするチャンスがある。逃してはならないチャンスだね。」

「イグアイン?彼とは快適に過ごしているよ。彼は最高のストライカーで、僕たちは相性よく一緒にプレーできていたと思う。」

「システムの理解に乏しかったことで、最初は少し苦労した。だけどその後、徐々に適用して上手くプレーできていたと思うよ。」

「僕はいつもゴンサロと会話しているんだ。トレーニング中も、彼はいつも貴重なアドバイスをくれる。僕はそれを聴いて学んで、常に全力を尽くすようにしているよ。」



情報ソース;calciomercato.com





今季ここまでのクトローネの成績は237分に出場して5ゴール1アシスト。
つまり、約40分に1ゴール(もしくは1アシスト)のペースで結果を残しています

彼のコメントを聞くに、その成長にイグアインが寄与していることは間違いなさそうです。

一方でイグアインも、クトローネがピッチにいて2トップを形成しているときの方がプレーしやすそうですよね。
現にローマ戦ではクトローネの決勝点をアシストし、今回のサンプドリア戦ではクトローネから絶妙なアシストを受けて得点しました。

この2トップはチームの財産であり、純粋なCFの控えがいなくなるという問題を差し置いてでも続けていくべきだと思います。

これからもこの2人の大活躍に期待です。



にほんブログ村


関連記事
[ 2018/10/30 06:00 ] インタビュー 選手たち | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する