リカルド・ロドリゲスもガットゥーゾを擁護「チーム全員の責任」



リカルド・ロドリゲスが、現在批判に晒されているガットゥーゾ監督を擁護しました。

「これがサッカーというものだ。あるチームが負けたとき、メディアはその監督について話す。」

「だが僕たちみんなが彼を支持しているよ。僕たちは彼のためにプレーしたいし、彼との間には何の問題もない。今こそ自分たちの強さを証明する必要がある。」

「僕はいつだって勝ちたい。勝利がどれだけ重要かということは誰でも知っている。ガットゥーゾの将来について噂されているが、今の状況はチーム全体の責任だ。」


情報ソース;calciomercato.com




リカロドのプレス耐性とパス能力は、後方からショートパスを繋いでいくスタイルを志向するガットゥーゾのプレー原則にマッチしていますし、今季はかなり調子がよさそうですね。

リカロドはまだ26歳ながら、W杯などでもプレーしたことのある今のミランでは数少ない経験豊富な選手です。彼のような選手が中心となってチームを引っ張っていって欲しいですね。



にほんブログ村


関連記事
[ 2018/10/27 16:11 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する