【インテル戦】 ビリア「最後にミスを犯した」

ミラン所属のMFルーカス・ビリアがインテルとの試合後に、試合内容や自身のイエローカードについて言及しました。

「引き分けが妥当だったと思う。彼らは主導権を握っていたけど、そんなに多くのチャンスを作ったわけじゃなかった。だけど僕たちは最後にミスを犯し、高い代償を払うことになった。」

「ナインゴランとの間に問題はないよ。試合ではああいうことは起こり得る。僕はただボールを奪おうとしただけだ。試合後に彼と会ったけど、足首が腫れていると教えてくれた。」

「ジャッジをするのは僕ではなく審判だけど、VARで確認すべきプレーだったかもしれない。見て欲しかったね。イエローカードを貰ったまま70分間もプレーするのは簡単じゃないよ。」

「僕たちはとても強力なチームを相手にした。ミスをするたびに自信を失っていってしまったね。だが、今はELのことを考えなければいけないよ。」


情報ソース;Sky Sport



ジャッジの正当性は置いておくとして、このイエローカードで動きが制限されたというのはありますね。

特にビリアはDFライン前の広範囲のスペースを埋める役割ですが、イエローを貰った以上さらに激しいタックルはできませんからね。

まぁ負けたのは残念ですが、彼に怪我がなくて本当に良かったです。文字通り代えのきかない(いない)選手ですからね。




にほんブログ村

関連記事
[ 2018/10/22 15:00 ] 試合 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する