元ミランSDのミラベッリ、当時のチームについて言及



元ミランのスポーツディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベッリが『Processo Di 7 Gold』に対し、かつての状況について言及した。

「ミスター・リー?私もみんなと同じ考えだよ。彼がミランを買い、こんなに短時間で去ったのは不思議なことだ。考えるべきことは多いね。」

「私にとって、ミランでの毎日は光栄なことだった。短い時間ではあったが誇りに感じているよ。」

「アンドレ・シウバ?彼の選手としての価値に疑いの余地はない。我々は彼を獲得したが、フィットするには時間と自信が必要だろうということを知っていた。1年では短すぎたね。彼は今後何年間もストライカーとして活躍するだろう。」

「後悔?オーバメヤンかな。ご存知の通り私は彼の獲得を考えていた。既に1億6000~7000万ユーロを費やしていたが、前線に何かが欠けていたからね。とは言え、チームというのはたった1つの移籍で規定されるものではない。」

「ガットゥーゾ?彼は勇気と強さを備えた革新的な監督だ。イタリア国内だけではなく、世界的にもベストの監督の1人だね。ミランは美しいサッカーをしている。」

「ボヌッチ?私が言えるのは、我々の下での彼はプロフェッショナルで偉大な男だったということだけだ。」



情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村


関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/10/17 14:00 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する