カリニッチ「ミランはCLに値するチーム」



昨シーズンまでミランでプレーし、今季はアトレティコマドリーでプレーするニコラ・カリニッチが『As』に対し、彼の元監督であるガットゥーゾを称賛した。

「僕がミランに来た時、既にシーズンは始まっていた。しかも多くの怪我を抱えていたんだ。僕たちには11人の新加入選手がいて、新しくチームを作り上げるのに時間がかかってしまった。」

「ミランはビッグクラブであり、これまで多くのトロフィーを獲得してきた。彼らの幸運を祈るよ。CLで戦うに値するチームだ。」

「ガットゥーゾは最高だ。ピッチの内でも外でもね。彼はいつも笑顔で笑っているけど、練習中は選手にハードワークを要求するんだ。彼は良い意味でクレイジーだね。ミランは彼と共に飛躍するはずさ。」

「シメオネが僕を呼んだとき、こう言ったんだ。全員にプレーする機会があり、僕はたくさんの試合に出られるだろうとね。」


情報ソース;calciomercato.com



ミランではあまり印象的なプレーを見せることはできませんでしたが、移籍した今でもこうしてミランを褒めてくれるのはありがたいですね。
アトレティコでもそこそこ試合に出ているみたいですし、定位置確保を目指して頑張ってほしいですね。



にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/10/15 18:00 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する