怪我人状況;ロマニョーリ、クトローネ、コンティが順調に回復



ロマニョーリとクトローネに関する朗報が届いた。

これまで前者はキエーボ戦を欠場し、後者は90分プレーできる状態ではなかった。
しかし両者は来る21日のダービー戦で出場可能とのことだ。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、両者は念のためにグループ練習には参加せず、今のところはジムでの練習に止まっているという。
ロマニョーリは股関節屈筋の痛み、クトローネは左足首の痛みを治療中だ。

だがダービーまでには時間がたっぷりあり、両者は落ち着いて回復することができる。


一方、コンティに関する朗報もある。1年もの間離脱が続いているが、ついに大きな一歩を踏み出した。
昨日はチームのほぼすべての全体練習に参加し、チームメイトとピッチ上でプレーしたという。

コンティの復帰は2019年の1月と予定されていたが、それよりもずっと早く彼の姿をピッチで見られるかもしれない。


情報ソース;AC Milan News




ロマニョーリもクトローネも代表ウィークを利用し、順調に回復しているようですね。
2人ともチームにとって欠かせない戦力ですし、ダービー戦には間に合うようで何よりです。

コンティに関しても嬉しいですね。
1年以上の離脱ですから、怪我以前のコンディションに戻すのは相当大変なはずです。

まずは数分間の出場からゆっくりと慣らしていって欲しいです。
再発だけには気をつけてもらいたいですね。


にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/10/14 20:00 ] 選手情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する