ミラノダービーに意気込むビリア「勝たなければならない」



ルーカス・ビリアが『スカイスポーツ』に対し、自身とチームの現状やミラノダービーについて語った。

「僕たちには目標があり、それを達成したい。去年は様々な理由でタフなシーズンになった。でも、言い訳はしない。」

「僕にもう一度チャンスをくれたクラブに感謝しなければならない。他のクラブだったら、別の選手を起用したりローンで放出されたりしてもおかしくはなかった。ただただガットゥーゾとクラブに感謝だ。」

「ここでは安らぎや快適さを感じられるし、まるで家のようだよ。環境こそが何よりも大事だ。僕の持つクオリティも徐々に発揮しつつあるね。」

「(チームについて)僕たちにはまだ改善するところがある。大事なのは成長の仕方を知ることだ。多くの試合で、僕たちには勝ち点3を持ち帰るための狡猾さに欠けていた。アタランタ戦やエンポリ戦のようにね。」

「(ダービーについて)キエーボ戦の前からミラノダービーの存在を感じていた。ダービーはどこでだってダービーだ。アルゼンチンでもベルギーでもイタリアでもね。」

「僕はこの強力な2チーム間で行われるスーパーダービーでプレーできる特権を持っている。歴史的にも素晴らしいね。ダービーでは勝利が絶対だから、良いプレーをして勝ちたい。相手は好調だけど、僕たちは自分に自信を持っている。」


情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村

関連記事
[ 2018/10/14 07:00 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する