ミラン移籍が噂されるイブラ、ユナイテッド復帰の可能性も?



『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミランはゴンサロ・イグアインのバックアッパーとしてイブラヒモビッチとの契約を目指している。また、年俸の400万ユーロについてもミランにとっては十分に支払えるものだ。

しかしながらミランは既に3500万ユーロでルーカス・パケタを獲得しているため、レオナルドはFFPによる制裁を避けられるかどうかを認識する必要がある。

また『デイリー・ミラー』は、イブラがマンチェスター・ユナイテッドへ帰還する可能性があると報じている。

彼は恩師のジョゼ・モウリーニョを苦境から助けたいと考えており、両者が今なお良好な関係を築いていることは最近のコメントを見ればわかる。

「モウリーニョは勝者だ。勝つための全てを備えている。」

「彼はフットボールを理解しており、試合だけでなく選手の心も操ることができる。インテル時代の彼は選手に200%のプレーをさせた。しかしクラブのためにではなく、彼自身のためにだ。」


情報ソース;calciomercato.com




いくらなんでもユナイテッド復帰はないでしょうし、移籍するとしたらミランか古巣のマルメのどちらかでしょうね。

僕は重度のイブラファンなので、やっぱりミランに戻って来てほしいなぁと思います。
以前在籍していた頃よりフィジカル的に劣っていることは百も承知ですが、かつての理不尽ゴールがまた観たいです。



にほんブログ村


関連記事
[ 2018/10/13 19:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する