レオナルド、ルーカス・パケタとイブラについて語る


「(パケタについて)言うべきこと多くはない。我々はフラメンゴと基本合意をしたが、市場が開くのは1月だ。取引が正式発表されるにはもう少しやることがある。」

「今の我々が考えるべきことはセリエAとELについてだけだ。マーケットじゃない。」

「現時点で彼はフラメンゴの選手であり、まだブラジルリーグでプレーする必要がある。我々は1月まで待たなければならない。」

「(イブラヒモビッチについて)彼と個人的な繋がりがあることは確かだ。我々がプロジェクトを始めた頃、彼を連れてくることは少し考えた。37歳になった今も、彼には皆を引っ張る力がある。」

「だが、今マーケットは閉まっている。それにFFPを忘れてはならない。落ち着いて物事に取り組み、競争力のあるチームを作り上げたい。」


情報ソース;calciomercato.com







にほんブログ村


関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/10/12 11:00 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する