マルキージオ父「かつてミランからのオファーがあった」

クラウディオ・マルキージオは今夏ユベントスを退団し、フリーでゼニトに移籍した。
彼には世界中からオファーが届いていたが、結局はロシアを次の目的地とした。

そんな彼の父親にして代理人でもあるステファノ・マルキージオが『トゥットスポルト』のインタビューに応じ、かつてミランから届いたメガオファーを明らかにした。

「この結末には何の後悔もしていない。3年前、クラウディオはお金を稼ぎたいならどこへでも行くことだって出来た。」

「だが2017年、彼は当時の2倍のサラリーを提示してきたミランを断った。彼の望みはユベントスでキャリアを終えることだったからね。しかしフットボール界では事情は変わっていく。」

「チームを若返らせたいというユーベ上層部の決断は理解できる。クラウディオはちょっとした郷愁を覚えているし、ユーベに残れたら最高だったかもしれない。だが、新しい生活にだって非常に満足しているんだ。」


情報ソース;calciomercato.com







にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/10/12 06:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する