ガットゥーゾ、3-4-3システムを考慮か?



昨季、元ミラン監督のモンテッラが3バックを実行したが失敗した。
しかし今、ガットゥーゾが再びトライしようとしているのかもしれない。

ガットゥーゾはカルダーラとコンティの復帰を熱望しており、彼らの復帰とともにフォーメーションを変更することすら考慮しているという。

『トゥット・スポルト』によると、この元アタランタの2選手がミランの3-4-3へのシステム変更に寄与するだろうとのことだ。

その場合、ロマニョーリ、カルダーラ、そしてムサッキオが3バックを形成し、ロドリゲス(もしくはボナベントゥーラ)とコンティが両翼を務める。
中盤を務めるのは2人になり、そこにはケシエとビリアが起用されるだろう。

情報ソース;AC Milan News



カルダーラとコンティをより活かしたいのであれば、確かに3-4-3は有効な1つの手段ですね。

カルダーラは言わずもがな、コンティについてもあの攻撃性能の高さはSBよりもWB向きでしょうから。

とはいえ、とりあえずは試合途中の1つのオプションとして用いるといった程度が妥当かなと思いますね。



にほんブログ村

関連記事
[ 2018/10/11 18:30 ] クラブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する