【キエーボ戦前日会見】ガットゥーゾ「簡単な試合ではない」


キエーボ戦を前に、ガットゥーゾ監督は以下のように語った。

「目標は勝って勝ち点3を持ち帰ること。紙面では楽な試合であるかのように書かれているがそうじゃない。確かにキエーボは良い時期ではないが、戦術面ではだいぶ整理されている。重要な試合になるだろう。」

「チャルハノールがキエーボ戦で点を取ることを願っている。彼は10ゴールを決められる足を持っているが、そのためには良いシュートポジションを取らなければならないね。彼は現在家族とのいざこざがあるが、我々とは何の問題もないよ。」

「サンシーロには情熱がある。我々には平均45000人の観客がいるし、良いパフォーマンスをして結果を出し続ける必要がある。」

「あの年齢だ。クトローネは代表チーム招集に誇りを感じているに違いない。だが実際のところ、彼はまだ完全にはフィットしていないけどね。トレーニングでアピールすればマンチーニ監督は使うはずさ。」

「サッスオーロ戦でのカスティジェホのパフォーマンスには満足している。ラクサールにもね。私の自分の持つ選手たちに本当に満足しているが、もう少し出来るはずだ。」

「イグアインとレイナは重要な人物だ。プロフェッショナリズムというものを体現している。イブラヒモビッチ?レオナルドに聞かなければね。私は自分のチームの選手たちについてしか話せない。」

「ロドリゲスは良いプレーをしているし、メンタルも凄く落ち着いている。ボリーニはチャルハノールとは異なる特徴を持つ選手だ。カスティジェホは右サイドでのプレーを好んでいるが、そこにはスソがいる。彼らもまた異なる特徴を備えているね。」

「(ストライカーの補強について)私は人生において多くを欲しているが、時には満足する必要もある。1月の移籍市場のことを考えてエネルギーを浪費することはできない。然るべき時に幹部と椅子に座り、できることを見ていくことになる。」


情報ソース;calciomercato.com




関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/10/07 10:00 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する