伊各紙、オリンピアコス戦のバカヨコを低評価


ミランは昨夜のELでオリンピアコス相手に3-1で勝利を収めた。

そしてチェルシーからレンタル移籍中のバカヨコはその試合にフル出場した。
しかし印象を残せず、イタリア紙の評価も低かった。

『コリエレ・デッロ・スポルト』はバカヨコに5.5をつけたが、これはイタリアスポーツ紙の中で最も高い評価だ。
「レジスタが近くでプレーしていなければ彼は輝けない。」

一方『トゥットスポルト』はバカヨコに5をつけ、そして『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「プレーが遅く、それでいて不正確。彼のミスによりオリンピアコスが先制ゴールを奪った。」と評し、4.5とした。

バカヨコはチェルシーから買い取りオプション付きのレンタルで加入。しかし未だに結果を残すことが出来ていない。
ガットゥーゾは彼に自信を取り戻させる必要があるかもしれない。


情報ソース;calciomercato.com




この試合のバカヨコはコンディションが悪かったのか、何というか全体的にもっさりしていた印象ですね。
相手への寄せが遅いのが凄く気になりましたし、正直この出来ではスタメンはおろかケシエの控えとしても物足りないかなと。

何とか奮起して欲しいですね。





にほんブログ村

関連記事
[ 2018/10/06 08:00 ] 選手情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する