ガットゥーゾ「ミランは家族のようなもの」



UEFAの公式サイトにて、ガットゥーゾがACミラン監督としての感想を明らかにした。

「私は選手としてミランで何年も過ごしたが、今度は監督になった。私にとってミランは家族のようなもの。ここに来るのは夢だったし、このユニホームを着て多くのことを成し遂げられた。」

「だが、問題もある。選手としてピッチに立っていた時、もしくは監督としてベンチに座っている時は決まって大きなプレッシャーを感じるんだ。多くの試合を経験してきたが、未だに簡単ではないよ。」

「多くの責任が私にのしかかっていると感じている。このクラブで働いているとき、私はさながら自分を大統領のように感じるんだ。」


情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村

関連記事
[ 2018/10/06 05:00 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する