トナーリ代理人「ミランは選択肢の1つ」



アンドレア・ピルロの後継者とも目されるサンドロ・トナーリ。そんな彼の代理人であるラ・フロリオが『カルチョメルカート』に対し、彼と彼の将来について語った。

「スペツィア戦ではグレグッチが(トナーリの)視察に来ていたんだ。代表監督であるマンチーニの代理としてね。インテル、ユヴェントス、ナポリの関係者もいたよ。」

「プレッシャーもあっただろうが、トナーリは卓越したパフォーマンスを見せた。あの男は試合をこなすごとに成長しているんだ。」

「かつてはフィオレンティーナ、インテル、ミランが彼を欲しがった。彼らとはトライアルの約束をしていたが、スケジュールの都合が合わなかった。その代わりブレシアが彼を1日テストし、すぐにサインを決断したよ。」

「(ミラン移籍の可能性について)理想的な選択の1つであることは間違いない。ミランのようなクラブでも、彼はポジションを確保できるはずだからね。さらに言うと、彼はミラニスタでもある。」

「ブレシアのチェッリーノ会長を納得させるには…1500~1700万ユーロ、ひょっとすると2000万ユーロかもしれない。いずれにせよ値段を決めるのはブレシアだ。」


情報ソース;AC Milan News









にほんブログ村

関連記事
[ 2018/10/04 10:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する