元ミランFWカッサーノ、希望の移籍先は?



もう2年ほどプレーしていないが、アントニオ・カッサーノは今なお数クラブの関心の対象となっている。

そんな中、この元イタリア代表は『Il Secolo』のインタビューに応じた

「モンツァ?ベルルスコーニやガッリアーニのような人物に関心を持たれているというのはいつだって光栄なことだ。しかしモンツァへの移籍はない。僕は今もセリエAに値する選手だと感じているからだ。」

「今シーズンの試合をいくつか見たけど、それほどクオリティが高いとは思わなかった。僕の最優先はいつだってセリエAだ。今シーズンもね。自分は今でも違いを作り出せる選手だと確信しているよ。」

「とはいえ、もしセリエBやCといったリーグにレベルを下げるとすれば、僕が行くのは1つだけだ。エンテッラだよ。エンテッラのゴッツィ会長とは最高の関係を築いているし、環境も素晴らしい。」

「エンテッラの歴史に名前を刻みたい。僕にはそれが出来るだろう。ゴッツィ会長は最高の人間さ。」


情報ソース;calciomercato.com




ここ2年間試合に出ておらず、年齢も考慮するとセリエAでのプレーは相当厳しいと思います。しかし彼のプレーに魅了された者の1人として、また彼のプレーが観たいとは思ってしまいますね。
相方のFWを活かすことにかけては世界トップの選手ですし。


ちなみに彼とのベストコンビはイブラヒモビッチだと信じています。
プレー期間こそそんなに長くはありませんでしたが、彼らが2トップを組んだときのミランは本当に強く、そして何より面白かったですね。








にほんブログ村

関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/10/03 18:00 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する