プリンス・ボアテング、ケシエとの「衝突」について釈明


ミラン対サッスオーロの一戦は、ミランが4得点を挙げて大勝した。

元ミランのプリンス・ボアテングはこの試合で先発したが、大きなインパクトを残すことができなかった。
そして唯一議論の的となったのが、フランク・ケシエとの衝突だ。

この件について、ボアテングは自身のインスタグラムで説明した。

「タフなゲームだった。ミランにはおめでとうと言いたい。」
「時に、僕はピッチ上で感情的になってしまった。でも、ケシエには愛情しかないよ。」


情報ソース;calciomercato.com


多少の小競り合いは、試合を盛り上がらせる一種のスパイスとしてアリかなーと個人的には思っています。





にほんブログ村

関連記事
[ 2018/10/02 13:29 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する