コッパ・イタリア準決勝2ndレグ VSアレッサンドリア ~プレビュー~

 今回は、明朝に行われるコッパ・イタリア準決勝アレッサンドリア戦のプレビューを行いたいと思います!

以下がアレッサンドリア戦の招集メンバーです。

GK:アッビアーティ、ドンナルンマ、リヴィエリ
DF:アバーテ、アレックス、アントネッリ、カラブリア、デ・シリオ、ロマニョーリ、シミッチ、サパタ
MF:ベルトラッチ、ボナヴェントゥーラ、クロチャータ、マウリ、クツカ、ロカテッリ、ポーリ
FW:バッカ、バロテッリ、ボアテング、本田、メネズ

では、この試合の注目ポイントを見ていきましょう。


①主力の温存

コッパ・イタリア準決勝ではホーム&アウェーの計2試合行われることになっており、1試合目のアウェーの地ででミランは1-0の勝利を収めています。

既に1点のアドバンテージを得ていること、3部のアレッサンドリアが相手だということ、週末にはサッスオーロ戦が控えていることもあり、おそらく何人かの主力を温存してこの試合に臨むことになるでしょう。 


②ニアンの穴を埋めるのは誰か

先日、ミランの主力であるFWニアンが交通事故により負傷。全治2か月の重傷を負ってしまいました。

パスの判断力や安定性にやや欠ける嫌いはあるものの、卓越したスピードと高いテクニックを活かしたプレーでミランの勝利に貢献していた彼の負傷は確実に痛手です。

彼の代役としてはメネズ、バロテッリの2人が挙げられます。しかし、メネズは長期の怪我から復帰して間もなく、未だにコンディションが上がっていません。

そして後者のバロテッリですが、卓越したポテンシャルを持ちつつもプレーに安定性がまるでなく、運動量も非常に少ないのでニアンの代役が務まるかは甚だ疑問です。

しかし、ニアンの長期離脱が決まった以上2人のどちらかはこの試合に先発出場するでしょうし、リーグ戦においても彼らの活躍はCL出場権獲得の為には必要不可欠になります。

2人には大いに活躍してもらって、私の見る目のなさを証明していただきたいところです(笑)


 さて、本来であれば相手チームについても触れておきたいところなのですが、私の勉強不足もありアレッサンドリアについて語れることがありません・・・。申し訳ありません。


 この試合に勝利し、良い形で鬼門・サッスオーロ戦に臨みたいですね!


Forza Milan!!
関連記事
[ 2016/03/01 19:04 ] 試合 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する