アンドレ・シウバ、レアルマドリー相手にドッピエッタの大活躍



わずか6試合でアンドレ・シウバはセビージャを支配した。昨夜の試合でレアルマドリー相手に2ゴールを決め、現時点における得点王となったのだ。

このストライカーは昨シーズン、ミランで40試合に出場して10ゴールを挙げたが、4000万ユーロという移籍金を正当化することはできなかった。
しかし今日、彼はスペインリーグのベストストライカーとなっており、ここまでメッシのゴール数を越える6ゴールを挙げている。

アンドレはレンタルでセビージャに来たが、3500万ユーロでの買取オプションが付いている。そしてセビージャのテクニカルディレクター、ホアキン・カパロスは既に買取オプション行使の意思を表明している。

「我々は彼とサインを交わすオプションを有しており、それを行使したいと思っている。値段は気にしていないよ。」


情報ソース;calciomercato.com




いやはや、まさかマドリー相手にドッピエッタを決めるとは…。
嬉しい気持ち反面、そんな彼の実力をミランで見られなかったのは残念ですね…。


関連記事
[ 2018/09/27 22:47 ] 選手情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する