ペルージャ監督ネスタ、解任の危機?



カルピ戦における敗北により、セリエBペルージャでの立場が危うくなっているネスタ。

4試合で4ポイントというのは十分とはいえず、次節のコゼンツァ戦の結果がこのレジェンドCBの行方を左右するものになるかもしれない。

彼は5月14日にペルージャに就任。目標はセリエAプレーオフへの進出であった。
しかし現在は14位と、彼のミッションは上手くいっていない。今までのところ、今シーズンで勝ったのはアスコリ戦だけである。パレルモ、カルピ戦は負け、ブレシア戦では引き分けである。

ネスタの監督歴は非常に短い。彼は2015年の9月にマイアミFCの監督に就任し、そこでは手堅い結果を残した。

この危機を乗り越え、ステップアップを果たせるかは彼次第である。


情報ソース;calciomercato.com




5節で判断するのは…と思いましたが、ひょっとすると就任直後の昇格プレーオフ(ネスタがペルージャの監督になったのは今季からではなく昨季の最終盤)敗退の結果も考慮されているのかもしれません。

いずれにしろ、何とか立て直してほしいところです。


関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/09/27 02:57 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する