レオナルドTD、ガットゥーゾに「警告」



もう1シーズン待つ余裕はない。

『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、レオナルドTDがガットゥーゾ監督に警告をしたようだ。

「我々に待つ余裕はない。次の試合では”合図”が必要だ。ミランは急いでいる。」

こういったメッセージは最後通告ではないだろうが、その意図は明確だ。次の3試合――エンポリ、サッスオーロ、キエーボ戦――でリーノのチームは何としても9ポイントを確保しなければならない。


情報ソース;AC Milan News




ミランはここまで4試合で5ポイントと、決して順調とはいえないスタートを切りました。
しかしその4試合の中にナポリ戦が含まれていたことは考慮すべきでしょう。

ガットゥーゾ監督の是非についてですが、個人的にここまで満足はしていないものの、解任することには反対です。
ただ著名なアシスタントコーチ(昔でいえばタソッティなど)を入れ、守備を整えさせるといった対策は必要かなと考えています。

次節に戦うエンポリは現在17位、しかも主力のザイツが欠場します。これは何としても勝たなければいけない1戦でしょうね。





最後まで読んでいただきありがとうございました。

アンケート実施中です!よろしければこちらの記事からご参加ください!


関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/09/26 18:38 ] クラブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する