スカローニ会長、ガットゥーゾとガジディスの噂について言及


コンテ招聘の噂にも関わらずミランのパオロ・スカローニ会長は、ガットゥーゾが自身の仕事を失う心配をしていないと主張した。

「ガットゥーゾは心配する必要は全くないし、実際に心配していないだろう。」

「彼は私の監督だ。第一に、彼はここまで素晴らしい仕事をしている。第二に、彼は真面目で働き者だ。」

「私は幸運だ。ミランをサポートする会長の地位にいるのだからね。だが、新しいCEOを見つけることが出来たらさらに素晴らしい。私はずっとここにいることはないからね。」

「私には多くの仕事があるが、この仕事をフルタイムで行える人物が必要だ。とは言え私たちは焦っていないし、エリオットにも焦ってほしくない。ふさわしい人物を見つける必要があるからね。」

「ガジディス?彼は別のチームで活動している。彼について話すのはフェアじゃないね。」



情報ソース;calciomercato.com







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)



関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/09/15 14:39 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する