ミリンコビッチ・サビッチ、ラツィオと契約延長へ


セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチのミラン移籍の噂はこの夏終盤の最も話題になったトピックの1つだった。
ミランは23歳のこのセントラルミッドフィルダーに関心を寄せていたが、ロティート会長の要求する1億5000万ユーロを払うことができなかった。

レオナルドTDは8000万ユーロに2人の選手を加えたオファーを出したが、ラツィオは最初の要求を覆さなかった。

サビッチはラツィオに残留したが、さらに契約延長をするそうだ。これはミランや他のサビッチに関心を寄せるチームにとっては朗報である。なぜならこの新契約により、今夏にロティートが要求した金額よりずっと低い契約解除金が付くからだ。

この新契約では、サビッチの年俸は320万ユーロとなる予定だ。さらに、ラツィオに近い関係者によれば、1億ユーロのオファーが届けば自由に移籍できる契約だという。



情報ソース;AC Milan News







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)



関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/09/15 09:02 ] 他クラブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する