ミラン、ブラジルの俊英リシャリルソン獲得の大チャンスを逃していた…


ミランはリシャリルソンを納得させ個人合意を取り付けた。
だがこの話は2017年夏、彼がワトフォードに移籍して大活躍する前の話である。

このヤングスターはミランから頻繁にオファーを受けたが、彼の所属先であるフルミネンセと合意することが出来なかった。
そしてこの交渉は、ワトフォードがわずか1000万ユーロのオファーを出したことで終わった。

リシャリルソンは今季、5600万ユーロでエヴァートンに移籍し、既に3ゴールをマークしている。また最近、ブラジル代表でのデビュー戦でゴールも決めた。

この移籍はミラベッリを救うものとなっていたかもしれない。



情報ソース;calciomercato.com







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)




関連記事
[ 2018/09/15 00:08 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する