18-19シーズンのガットゥーゾ・ミランを振り返る 【導入】



セリエA18-19シーズンが終わってから早くも半月以上が経ちました。

残念ながらミランは目標であるCL権を獲得することはできませんでしたが、今シーズンも実に多くの興奮、喜び、哀しみ、怒り、感動を与えてくれましたね(笑)

こうした感情や思い出を忘れないためにも、今回から数回かけ、18-19シーズンのミランを振り返っていこうかなと。


今回は導入回ですので、シーズン開幕前の激動のメルカートを振り返ります。



新オーナー、再び誕生

1年ちょっと続いた「チャイナ・ミラン」に別れを告げ、18-19シーズンからは米ヘッジファンドのエリオット・マネジメントが新オーナーとしてミランの再建に着手することになりました。

エリオットは早速フロントの刷新に取り掛かり、それまでGDであったファッソーネとSDのミラベッリを解任。

その後、レオナルドがSD、マルディーニが戦略開発ディレクターという形でミラン復帰を果たしました。



激動のメルカート

レオナルドは早速自らの手腕を最大限に発揮し、積極果敢な補強を敢行。

以下が、18-19シーズン夏のメルカートにおける主な獲得/放出選手リストです(時系列は流石に覚えていないので、ポジション別です。また、中にはファッソベリ時代に既に獲得/放出していた選手もいます。)


GK(獲得)

レイナ(←ナポリ)
プリッツァーリ(←テルナーナ。レンタルバック)

GK(放出)

ストラーリ


GKには実力者であるレイナを獲得。
シーズン中に既に取引をまとめていたこともあり、おそらく当時は移籍の噂のあったドンナルンマの後釜に据えようという思惑があったのかと。

年俸も300万ユーロと、控えとして考えるとかなり高額ですしね。



DF(獲得)

ストリニッチ(←サンプドリア)
カルダーラ(←ユヴェントス)
ラクサール(←ジェノア)
シミッチ(←クロトーネ。レンタルバック)


DF(放出)

当時19番を着けてた人(→ユヴェントス)
アントネッリ(→エンポリ)
ゴメス(→パルメイラス)


当時19番を着けてた人(名前忘れました)がユーヴェ復帰を熱望。そこでミラン―ユヴェントス間で交渉を重ねた結果、カルダーラ(と後述するイグアイン)とのトレードが実現しました。

ミランにとって、このメルカートにおける最大のビッグディールでしたね(結果は・・・)。



MF(獲得)

バカヨコ(←チェルシー。レンタル)
ハリロビッチ(←ハンブルク)
ベルトラッチ(←ジェノア。レンタルバック)


MF(放出)

ロカテッリ(→サッスオーロ)


出場機会を求めたロカテッリがまさかの移籍(買取義務付きレンタル)。
そして入れ替わりで加入したのが当時チェルシーで精彩を欠いていたバカヨコ。


・・・ええ当時は怒りましたとも(笑)
結果的にバカヨコのレンタルは大成功でしたけどね。



FW(獲得)

イグアイン(←ユヴェントス。レンタル)
カスティジェホ(←ビジャレアル)
ボリーニ(←ニューカッスル)


FW(放出)

バッカ(→ビジャレアル)
カリニッチ(→アトレティコ)
アンドレ・シウバ(→セビージャ)


多数の放出により手薄となったCFに実績十分のイグアインが加入。
元々手薄だったウイングにはリーガで活躍していたカスティジェホを獲得。




以上が主な獲得/放出選手でしたが、こうして振り返るとあのドタバタした状況の中でよくここまで選手を集められたなと(笑)

結果的に(現時点で)成功といえるのはレイナ、バカヨコくらいでしたが、レオナルドの仕事ぶりは十分に評価されるべきかなと。



次回からはシーズンレビューに入っていきます。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/18 18:00 ] クラブ | TB(-) | CM(0)

ジャンパオロはビリアを信用せず?



『Il Giornale』によると、ジャンパオロはビリアを信用しておらず、クラブ側にトレイラの獲得を要望したとのこと。


今季のビリアは、シーズン序盤こそ絶対的主力としてガットゥーゾ監督の下で重用もとい酷使されていたわけですが、サンプドリア戦で重傷を負い4カ月の離脱。

復帰したころには既にバカヨコがアンカーポジションを自らのものにしていたこともあり、ベンチを暖める日々が続きました。

復帰後の出場数は8試合ですが、出場時間はわずか341分。


お世辞にも良いとは言えなかった復帰後のパフォーマンスに加え、チーム方針にそぐわない33歳という年齢、更に年俸がチーム2位タイの350万ユーロであることを踏まえると、移籍の可能性は決して低くはないかなという印象です。


また母国の強豪クラブであるボカや、フランスのビッグクラブ(代理人曰く)からオファーがあるようなので、移籍先にも困らなさそうですしね。


しかし移籍の場合、ミランのアンカーポジションどうするの問題が更に深刻化します。


以前ミランの中盤事情について書いた記事で言及したように、ミランの中盤には量がとにかく足りておらず、ビリアを放出した場合は更にその状況が悪化します。


アンカーポジションの出来る選手は最低でも2人は必要となりますね。

そこで、現在挙げられているアンカーの獲得候補としては、既に以前取り上げたトレイラ、ヴィエイラ、(センシ)に加え、最近はフィオレンティーナのヴェレトゥへの関心が継続的に報じられています。


ヴェレトゥに関してはナポリが獲得濃厚だったはずなのですが、最近になってミランが当該代理人と会談を設けるなど獲得への動きを強めているとのこと。



またしても攻撃的なプレーヤーの噂(笑)

ヴィオラでもアンカーで起用されたりしていますが、彼はインサイドハーフタイプだと思うんですけどね。

良い選手だと思いますが、アンカーとして計算するのはどうかなーという気がします。


あと、実際に獲れるのかっていう話ですよね。移籍金2500~3000万ユーロは高額だと思いますし、一部ではクトローネをオファーに含めるなんて話もありますがそれは流石にナンセンスでしょう。

ナポリ、ローマと競合相手も厄介なので、できれば彼に注力するよりもまずセンシを確保して欲しいです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/17 20:08 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(0)

今のミランのFW事情について


以前、今のミランの中盤事情について整理したので、今回はFW事情でも整理して見ていこうかなと。


現有戦力について

まず、今季終了時のミランのFWのラインナップは以下となります。

・ピョンテク
・クトローネ
・ボリーニ


このラインナップにセビージャからレンタルバックしてくるアンドレ・シウバが追加されるかどうかが関心事でしたが、最新の報道ではどうやら残留が濃厚とのこと。
ジャンパオロが彼を高く評価しているらしいですね。

彼については、数カ月前に既にこちらの「セビージャ買取OP不行使? アンドレ・シウバの去就はどうなるか」にて言及しているため詳細は割愛しますが、僕はこの選択を支持します。

2トップなら有用だと思いますし、ここ2年の活躍からして売却額も大したことにはならないでしょうから無理に売却する必要もないかなと(3000万ユーロ以上で売れたり、クアメ辺りの選手を獲って来れたりというのであれば話は別ですが、流石に難しそうですしね。)


というわけで現状、放出等がない限りは今季の3人にアンドレを加えた4人がFWの戦力となる予定です。



最良コンビは?

上記の4人で2トップを組む場合、ピョンテクは99%不動ですから、残りの3人でピョンテクの相棒争いを繰り広げることになります。

そしておそらく一番あり得そう(メディア、サポーターが推してる)なのがクトローネとのコンビではないでしょうか。


ただ正直言って個人的にはあまり合うとは思えないんですけどね。言うなればピッポとジラルディーノのコンビを思い出すというか・・・。

今季終盤のように、サイドから前線へと単調に放り込むだけのサッカーとかならこの2人でも機能すると思うんですけどね(この場合、求められるのはクロスに合った動き出しやシュートの巧さのため)。


ジャンパオロのチームの場合、テクニックだったり中盤の選手が飛び出すためのスペースメイクの巧さだったりも求められますから、2人の内どちらかは流動的に動くタイプが望ましいかなと(俗にいう「セカンドストライカー」)。


例えば今季のサンプドリアではクアリャレッラを軸に、その相方にカプラ―リやデフレルが起用されていましたね(ちなみにクアリャレッラも決定力だけが取り上げられがちですが、ワンタッチパスとか溜めを作る動きとかも滅茶苦茶上手いです。)。


ただもちろんこれは「今の」クトローネを前提に話しているので、彼がジャンパオロの下で上手く成長してフィットする可能性を否定するつもりは毛頭ないですし、むしろそうなればクトローネ好きとしては願ったり叶ったりですね(笑)

フリーランの意識は今季を通してより強くなった印象ですし、サイドに流れる動き自体は上手いと思うので、流れてからのプレー精度を上げてくれれば機能する可能性は十分あるかなと。



続いてアンドレ・シウバですが、現時点で言えばクトローネよりもピョンテクの相方としては能力的に合いそうです(上記リンク先にて詳述のため割愛)。



最後にボリーニですが、上記の2人を差し置いて優先的に起用されることはないかなと。

元々は動き出しの優れたストライカーとして将来を有望視されていた彼ですが、今では運動量とそこそこのフィジカルを武器に走り回る便利屋へと変化してしまいましたからね。

まぁ仮に前者としてのパフォーマンスを取り戻すようであれば、ピョンテクの優秀な控えとして起用の目処が立ちそうです。



まとめ

このポジションに補強も売却も無かった場合、スタメンはピョンテクを軸に、クトローネとアンドレ・シウバがその相棒の座を奪い合う形になるでしょう。

まぁどの組み合わせであれ、「ロングカウンターが機能するのか?」という点は懸念材料として挙げられますね。


ジャンパオロのチームはハイラインが基本であるとは言え、リトリートするときはもちろんありますし、一般に4-3-1-2はロングカウンターでこそ真価を発揮するシステムです。

シェバとカカがいた頃や、イブラ―ロビーニョ(orカッサーノ)2トップ時代におけるミランのカウンターの破壊力を覚えている人は多いでしょう。


今季のミランはカウンター攻撃が致命的に機能しておらず、それはガットゥーゾの組織構築が不味かったのもありますが、それと同時に「独力でボールを運ぶ能力に長けた選手」や「スピードのある選手」が決定的に足りなかったというのも理由の一つです。


ところで先日、僕はムリエルとクアメについて書きましたが、彼らはそれぞれドリブルとスピードに長け、ミランに戦術の幅をもたらしてくれるであろう選手たちです。

量自体は揃っているFW陣ですが、できれば彼らのような選手は1人欲しいところですね。


長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/16 20:30 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(2)

【公式】 マルディーニのTD&ボバンのフロント入りが正式発表!



先日、マルディーニのテクニカルディレクター就任とボバンのフロント入り(役職はチーフ・フットボール・オフィサー)が正式発表されました。



マルディーニが現役を引退し、こうしてミランフロントの重役に就くまで本当に長かったですね・・・。
昨年からフロント入りしたわけですが、実権はほとんどなかったみたいですからね。


確かに彼の手腕について不安は少しありますが、正直なところワクワク感の方が遥かに優っています。

マルディーニならやってくれるだろう、という無条件の信頼感ですね
やはり彼はカリスマの塊ですよホント(笑)






一方、ボバンはこれまでFIFAの副事務総長を務めていたわけですが、マルディーニの誘いを受けて辞職したというとてつもない漢です(笑)

チーフ・フットボール・オフィサーという役職名はあまりピンと来ませんが、主にマルディーニのサポート役としてスポーツ面に携わっていくようですね。

先日のクルニッチ獲得に関してもボバンが携わっていたとのことで、早速その影響力を発揮してくれているようです。




さて。この新フロント体制についてはまだまだ未知数なところが多いわけですが、ミランの栄光の歴史を作り上げた功労者であるマルディーニ、ボバン両名のフロント入りは、将来の復権に向けてポジティブに働くものであると好意的に見ています。


彼らがミランに懸ける情熱は並大抵のものではないと思いますし、復権のため全身全霊をかけて仕事に取り組んでくれるでしょうしね。

1ファンとして、彼らを全面的に支持します。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/15 18:41 ] クラブ | TB(-) | CM(0)

ムリエルとかクアメとか



ここ数日は中盤にスポットを当ててきましたが、今回はFWについて。

ミランの獲得候補と報じられ、かつ僕が気になった選手について紹介していきます。
記事タイで既にネタバレしていますが(笑)



ムリエル(フィオレンティーナ→セビージャ)

テクニックというよりはスピードとキレで相手を置き去りにするタイプのドリブラー(もちろん水準以上のテクニックは兼備)。

故にカウンター時などのスペースがある時に真価を発揮するカウンターマシーンです。
今冬フィオレンティーナに加入してすぐにドリブル突破から凄いゴールを決めていましたね。


パスとかはそんなに上手くはなく、ポゼッション時はさほど驚異的ではありませんが、サイドに流れてのプレーもできるため2トップ向きの選手ではありますね。

今のミランには独力で長い距離をドリブルで運べる選手がおらず、そのため彼のような選手は是非とも欲しいところではありますね。仮にスタメンでなくとも、スーパーサブとして間違いなく有用ですしね。

ただ1500万ユーロはちょっと高いですかね‥‥。

ジャンパオロのサッカーに合うか未知数ですし、年齢的にもリスクが高いかな、と。



クアメ(ジェノア)


圧倒的フィジカルを持つ将来有望な21歳のアフリカン。

スピードもかなりあり、しかもテクニックやドリブルも優れているという素晴らしいプレーヤーです。

パスの判断やトラップ精度、持ちたがり癖など欠点は多々ありますが、まだ21歳ですし改善の見込みは十分。

ナポリが今冬の移籍市場で獲ろうとしていたことも、彼の逸材ぶりを示す一つの事実ですね。


また、ピョンテクとの相性の良さは既にジェノアで2トップを組んでいた際に証明済みであり、連携も問題なし。


以上のことから、実現すれば最高の補強になり得ますし、個人的にFWを獲るとすれば是非とも彼にアタックして欲しいと思っています。


ネックは移籍金(約3000万ユーロと報じられている)ですかね。

他ポジションの補強の必要性もある現状、流石にこの額を丸々払うことは至難を極めます。この額に値するポテンシャルはあると思いますけどね。

オファーを金銭+選手にするなどすればなんとか・・・といったところでしょうか。


今後の報道に注目です。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/14 23:56 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

ミラン、ラデ・クルニッチの獲得間近か



『Sky』を始めとする各報道によると、ミランがエンポリのMFラデ・クルニッチの獲得に限りなく近づいているとのこと。



既にエンポリと合意したなんて報道もありますね。突然すぎて驚きです(笑)


クルニッチの特徴を大雑把に言えば水準以上のテクニックとパス精度を持ちつつ、積極的にエリア内へと侵入してゴールに絡んでいくインクルソーレタイプの選手。ちなみに今季の成績は5ゴール7アシストとかなりのもの。


ドリブルの意識も高く、スペースがあればボールを縦へと持ち運んでいける推進力も魅力的。また積極的に突っかかっていくのでファールも頻繁に貰う印象です。



一方で狭い局面でのプレーとかはあまり得意ではなさそうですし、守備力(具体的にはタックル、インターセプトといった積極的な守備)もさほど高くなさそうです(今季の彼のプレーをフルで観たのは6~7試合程度なので、確信はないのですが)。



今のミランで言えばケシエに近い役割が期待されますね。

正直ケシエの方が個人的にロマンを感じますし、将来的(育成に成功した場合)には彼の方がよりビッグネームになりそうな気配はありますが、現時点で言えば話は別。


特に今季後半戦のように攻守において雑なプレーをし続けるのであれば、クルニッチがケシエからスタメンを奪っても全く不思議ではないかと。


ケシエは加入初年度のような前方へのゴリゴリドリブルや縦パスの意識等を取り戻した上で、各プレー精度が向上していけば本当に素晴らしい選手になれると思うんですけどね。

スタメン絶対安泰という今季の状況が彼の成長を阻んだ側面は少なからずあると思いますし、来季はクルニッチと切磋琢磨して欲しいと思います。



話をクルニッチに戻しますが、報道によれば移籍金は600~900万ユーロ位とのことで、非常にリーズナブルです。

また、数年前にジャンパオロ(当時エンポリ監督)の下でプレーしており、彼の不変のサッカー哲学に触れている点も大きなメリットでしょう。


つまり能力、移籍金の安さ、監督との関係等を総合的に考えると非常に素晴らしい補強と言えるのではないでしょうか。


正式発表が楽しみです!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


[ 2019/06/13 13:00 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(5)

今のミランの中盤事情について


様々な移籍情報の飛び交うこの季節。ミランも実に様々な選手に興味を示していると報じられています。

特に中盤の選手についての報道はホット。それも当然の話で、今のミランは質的にも量的にも中盤の選手が足りないですからね。


今回はそんな中盤の現状について、整理してみようかなと。


現有戦力について

まずは今季限りで退団する選手を列挙しますと、

・モントリーヴォ
・ベルトラッチ
・マウリ
・バカヨコ


前者2人は戦力外だったため問題なし。

一方マウリはそこそこ試合に出ており、アンカーとしてもインサイドハーフとしても計算できる戦力だったため(量的には)少し痛い。

そしてバカヨコ。言わずもがな今季は主力中の主力だったため痛い。

つまり現時点で2人分の戦力ダウンが確定しています。



続いて退団が噂される選手について。

・ビリア
・ケシエ
・チャルハノール


ほぼ全員(笑)

ビリアは高年俸&高齢、しかも契約も来年で切れるということでアルゼンチン復帰やフランス移籍が噂されています。

またケシエは多くのキャピタルゲインを生み出せそうなことや、今季のいくつかの問題行動により移籍リストに載せられたという報道があり、移籍先候補はプレミア。

そしてチャルハノールはプレミア、ブンデス方面からの興味が継続的に報じられています。


まぁ流石に上記の3選手を全員放出することは考えられませんし、放出するとしても1人が限度でしょうね。


絶対安泰と言えるのはパケタ位なわけですが、来季の彼はトップ下が主戦場となることが濃厚なため、今季のようにインサイドハーフで計算することはできません。



つまり、現状のメンバーで中盤を構成するとすれば


チャル――ケシエ
―――ビリア

という不動の組み合わせとなり、(長期離脱中のボナベントゥーラを除けば)控えがいないという異常事態です(しかもこの3人も残留確定ではない)。



獲得候補について

以上のことから中盤の選手の獲得はマストであり、それも1人ではなく最低2人、できれば3人欲しいところです。

現在報じられているMFの獲得候補を列挙しますと、


・センシ
・バレッラ
・プラート
・ヴィエイラ(サンプドリアの選手)
・トレイラ

確か現状はこんなところだったはず(思い出したら追記します)。

この中で現実味があるのはセンシ、プラートでしょうかね。

特にセンシ獲りについては報道が過熱しており、嬉しいことに獲得にかなり近づいているといえそうです。


バレッラとトレイラは・・・来てくれたら歓喜の雄叫びを上げますけど金銭的に困難を極めます。

特にバレッラはインテルが獲得に熱心ですからねー。それに質だけでなく量も必要なミランにとって、1人の選手に多額の移籍金を払う余裕はないはずです。


とりあえずインサイドハーフについては、センシとプラートが来てくれたら個人的には最高に近いですかね(欲を言えば更に潰し屋が欲しいところ)。


問題はアンカーなんですよね。

今挙がっている候補ですと、トレイラは夢物語。ヴィエイラは金銭的にはいけそうですが、20歳とかなり若く主軸とするにはやや心許ないかなーと。

まぁしかしヴィエイラは今季のミラン戦にも出ていて、しかも結構良いパフォーマンスだった気がするので獲れるなら獲っては欲しいですかね(笑)


またセンシのアンカー起用という方法もありますが、守備を考えるとここには高水準の守備力を保証してくれる選手を1人確保しておきたいところです。



まとめ

中盤は現有戦力が全員残留するとしても最低2人、できれば3人は補強して欲しいポジションです。

もし現有戦力を放出した場合は、その数に応じて補強の数も増やす必要があるでしょうね。


そしてインサイドハーフはある程度補強の目処が立っているように思われますが、アンカーはまだまだ未知数。
今後の報道に注目です。


最後に。言うまでもなく中盤は重要なポジションですし、それがジャンパオロのように素早いパス回しで崩していくサッカーを志向する監督の下ではなおさらです。

財政的に厳しい状況であることは分かっていますが、出来る限り盤石のスカッドを揃えて欲しいと思います。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


[ 2019/06/12 22:13 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)