セビージャ、ミランのカスティジェホに関心か


『calciomercato.com』によれば、セビージャのモンチがカスティジェホに興味を示しているとのこと。
そして、報道によると既に代理人と接触したなんて話もあります。


カスティジェホは今季のリーグ戦で31試合に出場して4ゴールを記録。
31というと多いように感じますが、その内、先発出場の数はわずか8試合に留まっています。
現時点の序列は右WGのセカンドチョイス、左のサードチョイスというところでしょうか。


チームの主力になり切れない理由の1つに、狭いスペースでのプレーが得意ではないというのは確実にあるでしょうね。

相手にタイトなマークにつかれるとほとんど前を向けませんし、引いた相手を崩す動きに長けているわけでもないですしね。


その証拠として、彼が最も活躍した試合というのを思い出してほしいのですが、おそらく多くの方がサッスオーロ戦(もしくはエンポリ戦)を思い浮かべるのではないでしょうか。

というのも当時のサッスオーロはマーク緩々、スペース空きまくりの酷い守備であったので、カスティジェホは自由に前を向くことができました。


そして、彼の持ち味は何といってもその高いキック精度にある(と少なくとも僕は思っている)わけで、前を向きスペースがありさえすればその持ち味を存分に活かせる。つまり上記のサッスオーロ相手の活躍は必然であったのかなと。

エンポリ戦もマークが緩かったですしね。



しかし彼らのような守備はセリエAでは稀ですし、基本的にどのクラブもスペースを厳しく消してきます。

ですので、来季以降に主力となるにはボールの受け方といった個人技術の改善は必須だと思いますし、後は組織的カウンターが基本ベースのチームになるとかすれば彼にとっては追い風になると思います。



・・・と、ここから最初の話に戻るのですが、わずか1シーズンで彼を見限るというのは早い気がしますし、何より安く買い叩かれそうなため個人的には放出に否定的です(来季の指揮官とか、移籍金にもよりますけどね)。

ミランはカスティジェホに最低でも2300万ユーロの移籍金を設定しているらしいですが、モンチが言い値で買ってくれるとは思えませんしね。

仮に売却するとしたら、来季に存分に活躍してもらって市場価値を高めてからかなーと。


ディ・フランチェスコとかなら上手く扱ってくれそうですが、どうなりますかね。


今季の彼はビッグマッチではないが重要な試合(監督の首がかかった試合とか)での活躍が多かったので結構好印象ですし、できれば来季はミランの中心選手として飛躍して欲しいです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/24 19:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(0)

ミランのCL権獲得のための条件について



今季のセリエAも37節を消化し、いよいよ今週末に最終節を迎えます。

前節を終えた段階での3位~6位のチーム及びその獲得勝ち点は以下の通りです。


3位 アタランタ 66
4位 インテル 66
5位 ミラン 65
6位 ローマ 63




前節でアタランタとインテルが勝ち点を落としたため、彼らとの勝ち点差は「1」となりました。
できればアタランタとは勝ち点で並びたかったんですけどね。



というわけで既知の方も多いとは思いますが、今回はミランの逆転4位以内フィニッシュのための条件を見ていこうかなと。



ミラン勝利の場合

ミランが最終節に勝利した場合、アタランタ、インテルの片方もしくは両方引き分け以下でミランの4位以上が確定します。

最もシンプルかつ現実的なシナリオですね。



ミラン引き分けの場合

これが非常に面倒くさい(笑)

まず、ミランが引き分けた場合でも4位に入れる条件を列挙しますと・・・

Ⅰ)インテル引き分け以上、かつ、アタランタ敗北

Ⅱ)インテル、アタランタ敗北、かつ、ローマ勝利


この2つです(多分。笑)

Ⅰについてですが、この場合インテルの勝ち点は「67以上」となり3位、そしてミランとアタランタ(と場合によってはローマ)が勝ち点「66」で並びます。


そうしますと、順位決定方法は「当該チーム間の直接対決の結果」ですので、ミランが優越し4位になれます(ローマを含む3チームが並んだ場合も同様)。


次にⅡについてですが、この場合は4チームが勝ち点「66」で仲良く並びます。
そして上記の順位決定方式を当てはめますと、インテルとミランがそれぞれ3位、4位ということになるわけです(インテル2勝3分1敗、ミラン2勝2分2敗、アタランタ1勝4分1敗、ローマ0勝5分1敗のため)。


つまりⅡの場合はローマの勝利が極めて重要です。
例えばインテル、アタランタが負けたけどローマも勝てず、ミラン、インテル、アタランタの3チームが勝ち点で並ぶだけだと条件を満たせずミランが5位となりますからね・・・。



ミラン敗北の場合

ミランが負けた場合、言うまでもなくその時点で5位以下確定です。

ローマが勝利した場合は6位転落ですね。



まとめ

ここまでミランが4位内に入るための様々な条件を見てきたわけですが、実質的に勝利が絶対条件といえますね。

そして個人的には、ミランがCL権を獲るとしたら①の中でも「ミラン勝利、かつ、インテル引き分け以下」という状況しかないかなーと。


今のアタランタがサッスオーロ相手に不覚を取るとはどうしても思えないですからね。

多分サッスオーロ側も得点は取れるでしょうが、それ以上にアタランタにボコられる気がしてなりませんし、おそらくスコアは3-1とかになるのではないかと。

万が一あるとすれば引き分けでしょうね。



一方、インテルの相手はエンポリ。
このチームは降格決定的といった状況から一転、直近3試合で全勝を収めて残留圏内である17位に浮上しました。

15位 フィオレンティーナ 40
16位 ウディネーゼ 40
17位 エンポリ 38
18位 ジェノア 37



残留を自らの手で決めるためにも最終節はモチベーションマックスで挑むでしょうし、最近の好調ぶりを考えると非常に厄介なチームですね。

まぁそうは言ってもモチベーションが高いという点においてはインテルも一緒ですし、ホーム開催ということもあってインテル優位であることは間違いないでしょうけどね。



最後になりますが、彼らの試合結果と同じくらい気がかりなのはミランの試合です。
対戦相手のSPALは既に残留を決めており、本来であれば楽に勝つべき試合なわけですが、前節のフロジノーネ戦の有様を見るに微塵も安心できません。


仮に2チームのどちらかがコケてくれても、ミランがそれにお付き合いしたら全て台無しですからね・・・。


早々に2、3点決めてもらって、他会場の結果の方を気にする余裕を作らせてほしいですがどうなるか・・・。



今季のセリエA最終節はほとんどの試合が見逃せません。
白熱のCL権・残留争いの結末を必ず見届けましょう!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/23 19:30 ] 他クラブ | TB(-) | CM(2)

ミラン、レオナルドSD退任か 後任はカンポス?


『Sky』を始めとした各メディアによれば、ミランのレオナルドがSDを退任する可能性があるとのこと。

折角戻ってきてくれたのにわずか1年で去るかもしれないというのは非常に悲しいですが、ガジディスCEOとの関係(というより相性?)があまり良くなさそうなので致し方ないですかね。

今冬のイブラの件(レ「欲しい」→ガ「高齢過ぎ却下」)とかエヴェルトンの件(レ「欲しい」→ガ「高すぎ却下」)とか、報道通りだとすれば双方の補強戦略に大分ズレがありそうですしね。


それに、レオナルドの本領は多額の獲得資金を備えたクラブでこそ発揮されるでしょうが、今のミランはそうじゃないですからね。



ただ、レオナルドの冬のマーケットでの立ち回りとかほぼ完璧だったと思います。

明らかにモチベーションを失っていたイグアインを返却して代役にピョンテクを獲ったり、ブラジルからパケタを一本釣りしたりなど素晴らしかったですよね。



仮に今季限りで退任するとしても、彼の連れてきた選手(少なくとも上記の2人)は来季以降も主力としてミランを支えてくれるでしょう。

彼の偉大な仕事ぶりには感謝したいですね。



続いて。そんな彼の後任候補として挙がっているのが、現在リールのSDを務めているカンポスです。

最近の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミラン側は既にカンポスと接触し来季のミランSD就任について合意したとのこと。


カンポスと言えば、これまでムバッペを始め数々の有望株を発掘してきた若手発掘のエキスパートとして知られている方です。
バカヨコもカンポスが見つけてきたらしいですね。


そんな彼は若手路線に舵を切った今のミランにとってはうってつけの人物だと思いますし、素晴らしい人選ではないでしょうか。



まぁそうは言っても、せっかく将来有望な若手をかき集めてもその才能を目覚めさせなければ宝の持ち腐れです。


そうならないためには若手の育成に長けた監督及びコーチ陣を招聘する必要がありますし、この点に関しても最善の選択をしていただきたいですね。

よもや現監督を続投させるなんて選択をしないことを祈っています。



どこかにいないですかね。
若手選手を数多く一流に育て上げた実績があったり、セリエAでの経験が豊富だったり、戦術的引き出しが多かったり、守備組織の構築能力が滅茶苦茶高かったりして「育成と結果」を両立させてくれそうな最高の監督は・・・。


名前が「グ」から始まって「ン」で終わる5文字の監督とかどうですかね~笑


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/22 21:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)

【フロジノーネ戦】 採点&寸評



今回は、先日のフロジノーネ戦における各選手の採点&寸評を独断と偏見でやっていこうかなと。

いつも通り採点基準は曖昧ですので、予めご了承ください。



ドンナルンマ

言わずもがな今節のMOTM。

チームを絶望から救ったPKストップに加え、試合終盤に見せたスーパーセーブは必見。

試合後、自身の去就について明言を避けたわけですが、どうなるか・・・。



アバーテ

前半は安定していたものの、後半はPK献上を始めやや不安定に。

慣れ親しんだ本拠地でのラストゲームという極めて特殊な状況も大いに影響したのでしょうね。



ムサッキオ6.5

相手の拙攻にも助けられ、安定したパフォーマンスを披露。



ロマニョーリ6.5

同上。

付けたすと、ロングボールを尽く跳ね返していた。



ロドリゲス

同上。

ただし攻撃面でもう少し貢献して欲しい。



ケシエ5.5

危険なボールロストが何度かあった。

2ボランチになってからは持ち前の機動力が若干活きる展開に。



バカヨコ

守備面に関してはいつも通り安定。

ただし攻撃面がいつも通り今一つ



チャルハノール

スソと絡んだときは良い。

2ボランチになってからは冷静にパスを捌いていた。



スソ

素晴らしいパフォーマンスを披露。

次節の結果も彼次第なところあるため、どうかこの調子を維持して欲しいです。



ピョンテク

待望のゴール。

これにより「1シーズン中に2つのクラブで2桁得点を挙げた選手」まで残り1ゴールとなりました。

最終節でもゴールを決め、この偉大な記録を作って欲しいですね。



ボリーニ

最低限の戦術的役割はこなせたかと。



クトローネ

途中から入って前線を活性化させた。



カスティジェホ

出場時間が少ないため。



コンティ

同上。



ガットゥーゾ

前半4、後半6ということで。



総評

特にいうことはないですが、ドンナルンマ、ロマニョーリ、スソといったキープレーヤーがこの最終盤で好調を維持してくれているのは大きいですね。

残り一戦、必ず勝ってほしいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/21 18:00 ] 試合 | TB(-) | CM(2)

【セリエA37節】 ミラン対フロジノーネ 【マッチレポート】


スタメン

ミランフロジノーネ1



前半

序盤の攻防

ミランはいつも通り、スソにボールを預けてそこから崩しを試みる形が基本。

フロジノーネは5-3のミドルブロックを敷き、ボールを奪ったら2トップに当て素早くサイドに展開する形が基本。

ポゼッション時はザンパーノへのロングボールだったりサイドチェンジだったりで、彼を中心に攻めようとする意図だったかなと。

まぁしかし両者ともにあまり上手くいっていませんでした。



中盤の攻防

攻めあぐねるミラン。

そりゃ流動性もなく足元ばかりでボールを繋いでいるようじゃ崩せるわけがないですね。

スソにボールが渡った際にキッチリとマークに付き、続いて主なパスコース先であるケシエを潰せばほとんど詰みです。


とは言えチャンスの匂いがするのはスソからの放り込みがほとんど。

どういうことかと言うと完全なスソ依存(それも悪い意味で)ですね。


チーム全体が組織として連動しているわけではなく、スソの個人技とその周囲(ケシエ、チャルハノールの裏へのフリーランとか)の少しのサポートにより辛うじてチームの攻撃が成り立っているという非常によろしくない状態です。



終盤の攻防

頑張って後方からボールを引き出そうとしているのはチャルハノール位で、後は突っ立っているだけ。

そのチャルハノールにしても、周りのサポートがないためボールを受けても次のプレーに繋がらず。

パケタがいれば彼ら2人の連携である程度崩せるんですけどね(これまで何度も言っているため詳細は割愛)。


ボリーニとかボール受ける気あるんですかね。

確かに彼がサイドに張ってボールを持ったところで大して効果的ではありませんが、パスコースを作るといった意味での貢献は小さくありません。


それなのに中央を固くしている相手に対し、ピョンテクと2トップ気味になって中央に鎮座してもボールは回ってきませんよと。



そうこうしている内に前半はスコアレスのまま終了。



後半

序盤の攻防

開始早々の決定機をボリーニが外す。


すると49分、アバーテが相手をエリア内で倒しPKを取られる。しかしドンナルンマがストップ。

素晴らし過ぎる。


51分、バカヨコ→クトローネ

4-4-2にし、完全にスソからの放り込み戦術にシフト。前半から攻撃はこれしかできないため妥当な変更とは思いますが、守備が脆くなるため諸刃の剣ではあります。


その後若干押し込まれましたが57分、放り込み戦術が功を奏してピョンテクがゴール。ミランが先制に成功。



中盤・終盤の攻防

66分、スソが直接FKを決める。
完璧なシュート・・・最高ですね。


余裕ができたミランは落ち着いてボールを回しつつ、機を見てサイドからクロスを入れていく。

一方のフロジノーネも放り込んでくるが、ロマニョーリを中心にキッチリと守り切る。


81分、ピョンテク→カスティジェホ


84分、アバーテ→コンティ

アバーテ・・・涙。


その後、一度決定機を作られたもののドンナルンマがスーパーセーブを見せてシャットアウト。

試合は2-0で終了。



まとめ

相変わらずスッキリしない勝利ではありましたが、勝ちは勝ちということで(笑)
もはやこの段階では勝利こそが最重要ですからね。

しかし報道によると、こんな内容でもガットゥーゾ監督の手腕を上層部が再評価しているなんて話がありますが、それは全く以て解せないですけどね。



続いて、この試合の感想について端的にいうと、「ドンナルンマ最高、スソ最高、アバーテ今までありがとう」で終わります(笑)


ドンナルンマは凄いですね。
彼がPKを止めていなければ勝利という結果は勿論のこと、スタジアムのサポーターがアバーテを拍手で温かく送り出すといった感動的な場面が生まれなかったかもしれませんからね。

何としても残留してほしいですが、彼以外に巨額の移籍金を残せる選手がいなさそうですからね・・・どうなるか。



スソも珠玉のパフォーマンスでした。
特にあのフリーキックですね。なんだアレは(笑)

もう今のミランは「戦術;スソ」と揶揄されても仕方のない組織レベルですが、そんな彼がここにきてキレを取り戻したのは本当に大きいですね。

最終節も期待です。



アバーテに関しては・・・また別記事にでも。
今はまだちょっと言葉に出来ないので。



さて。今節ではインテルが負け、アタランタが引き分けたものの、ミランの順位は未だ5位。

CL権の有無は未だに彼ら2チームの結果に依るわけですが、いずれにせよミランは最終節で勝つことでしか4位以内に入ることはできません(引き分けでも数字上の可能性は残りますが、実質不可能。詳細は別記事で)。


相手はSPAL。今のチーム状況では苦しい戦いになることは必至ですが、泣いても笑っても残り1戦です。

チームには死力を尽くして勝利をもぎ取って欲しいですね!


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/20 08:00 ] 試合 解説 | TB(-) | CM(6)

アッレグリ退任とその影響



※今日明日と滅茶苦茶忙しいのであっさり目の記事でいきます。すみません…。


昨日、ユヴェントスがアッレグリ監督の退任を発表しました。

以前から彼の去就については騒がれていたものの、一部報道を除けば残留が有力視されていただけに驚きでしたね。


彼はセリエA5連覇を始めユーヴェで数々の素晴らしい実績を残してきただけに、この退任にショックを受けるサポーターが多いのは尤もだと思います。


しかし、個人的な見解を述べさせてもらうと、昨年辺りから試合内容についてはそこまで良いとは思えませんでしたし、チームのサイクル的にはこの辺で監督を代えるというのは正しい判断だったんじゃないかなーと思いますね。



…で、ここからが本題なのですが、報道によるとフリーとなったアッレグリに対し早くも多くのクラブが関心を寄せているとのことです。

どうやらPSGやバイエルン、スパーズなどプレミアの強豪クラブ勢、インテルといったクラブが新天地候補だとか。


そして、今後のアッレグリの動向次第ではミランにも影響が及ぶかもしれません。


その一例ですが、プレミアの強豪クラブであるチェルシーがアッレグリ招聘に動くとすれば、現チェルシー監督であるサッリの解任もあり得ない話ではなくなります。


報道ではアブラモビッチオーナーがサッリに満足していないらしいですし、アッレグリがフリーになった今招聘に動いても不思議ではありません(報道が事実だとすれば)。


そして、サッリと言えばミランが新監督候補として最も関心を寄せているように思われる人物です。

先日も、サッリとロンドンで会談を設けたなんて話もありましたしね。


このように、アッレグリが次に指揮する場所によってミランも恩恵を受けられるかもしれません。


しかし一方で、アッレグリ退任により新監督を探す必要のあるユーヴェがミランの新監督候補と契約を結ぶ可能性もあります。

上記のサッリにしても、ユーヴェと交渉を開始したなんて話もありますしね。


そうなるとミランとしては、ただでさえ難しい新監督選びが更に混迷を極め、ともすればガットゥーゾ監督の続投なんていうのもあり得ない話ではなくなります・・・。



まぁそうは言ってもユーヴェ側、アッレグリ側の今後の動きはまだ不透明ですし、そもそもミラン側のスタンスも未だ明確ではありません。


今シーズン最終節を迎える来週・再来週には今よりも確かな報道がなされるでしょうし、今後も注目していきたいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/18 23:41 ] 監督情報 | TB(-) | CM(2)

フロジノーネ戦プレビュー




今回は、日本時間で20日の深夜1時に行われるフロジノーネ戦のプレビューを行いたいと思います。

ですが正直アタランタとインテルの結果の方が気になって仕方がありません(笑)


ミランとしては勝てなきゃCL権獲得の目標は潰えるわけで、その点においてフロジノーネ戦も決して軽視はできないわけですが、彼ら2チームが今節勝ったらもう絶望的ですからね。



予想スタメン



システム;4-3ー3

GK;ドンナルンマ

DF;アバーテ ムサッキオ ロマニョーリ ロドリゲス

MF;ケシエ バカヨコ チャルハノール

FW;スソ ピョンテク ボリーニ


前節と同じメンバー。

特にいうことはないですね(笑)
これで良いと思います。



直近成績

ミラン;2勝1分2敗 4得点 5失点
フロジノーネ;0勝1分4敗 4得点 11失点




フロジノーネは5戦勝ち無し、しかも直近3戦全てで2失点以上を喫しています。

なお、両者の直接対決の結果は3戦でミランの1勝2分です。



試合展開・結果予想

ホームのミランがポゼッションする展開になるのは間違いないでしょう。

ただフロジノーネの試合を最後に観たのは3月頃ですし、彼らのスタイルが極端に変わってないこと前提ですけどね。大丈夫ですよね?笑


当時の試合(確かエンポリ戦)では前プレからのリトリート(5-3ブロック)でしたが、おそらく今回はローラインブロックでガチガチに引いて守ってくると思われます。

ですので、今回もまたライン間で受けられるチャルハノールと、ファイナルサードで決定的な仕事が出来るスソのパフォーマンスが試合のカギを握ることになるでしょうね。


後は早い段階(遅くとも前半の終盤まで)に点が欲しいですね。今のミランは攻めあぐねると途端にポジショニングが前掛かりになってバランスを崩しますからね。

スソが中央に常駐、ケシエが無鉄砲に前線に突撃し始めたら危険な兆候です(笑)



守備に関してはあまり心配していませんが、多分かなりの頻度で放り込んでくると思うのでそれだけは気を付けたいですね。

後は危険な位置でボールを奪われないだとか、そういう基本中の基本を順守すれば無失点には抑えられると思います。


最後に結果予想ですが、順当にいけば2-0位で勝利かなと。

勝てなきゃもう知りません(笑)



さて。ユーヴェ対アタランタ、ナポリ対インテルといったCL権争いを決定づけるビッグマッチが行われる今節。

ミランとしては確実に勝利を収めてCL権争いに生き残り、彼らの試合の結末を見届けたいですね。


Forza Milan!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/17 18:00 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(0)