【マッチプレビュー】サッスオーロ戦


ミランはサッスオーロとの対戦で挽回を目指す。

サッスオーロは現在セリエAの3位に位置しており、ゴール数もユヴェントスに次いで2番目(ただし現時点でユーベの方が1試合多い)である。
そして今節、勝利すれば2位に浮上することになる。

一方のミランは、勝利すれば8~14位に浮上する。しかし、簡単なことではないだろう。


サッスオーロは2連勝中。今季負けたのはユヴェントス戦だけである。
開幕戦にインテルを破り、9月の初旬にはジェノアとの対戦を5-3で制した。
また今季ホーム戦では3戦全勝であり、9ゴールを挙げている。

一方のミランは序盤の5試合でわずか1勝。その勝利は先月のローマ戦にまでさかのぼる。
また、直近3試合(カリアリ、エンポリ、アタランタ)はいずれも引き分けに終わっている。


予想スタメン



ドンナルンマ、アバーテ、ムサッキオ、ロマニョーリ、ロドリゲス、ケシエ、ビリア、ボナベントゥーラ、スソ、カスティジェホ、チャルハノール


情報ソース;calciomercato.com




サッスオーロといえば、個人的にはやはりベラルディですね。
最近はそうでもない気がしますが、一時期はボコボコにされましたからね…。未だに恐怖の対象です(笑)

そしてプリンス、ロカテッリと、今季のサッスオーロにはミランと縁の深い選手が在籍しており、この試合でも出場するようです。
彼らの活躍は素直に嬉しいのですが、この試合だけは勘弁してほしい(笑)

一方のミランはCFが壊滅状態。そこでこの試合ではカスティジェホが偽9番として起用されるみたいですね。
とは言え、このような突然の起用がうまくいくとはあまり思えません。ですから、この試合では個の力による打開がいつも以上に重要になるでしょうね。

ゴールまであと一歩のスソや、不調ながら強烈なミドルシュートを持つチャルハノールには特に期待したいです。もちろんカスティジェホにも。

そして何といっても破壊力抜群のサッスオーロ攻撃陣に対し、ミランの守備はどこまで耐えられるかといった点も注目ですね。
先発起用が予想されるアバーテがどこまでのプレーを見せられるか。好きな選手ということもあり、彼の活躍が見たいですね。






にほんブログ村

[ 2018/09/30 22:02 ] 試合 | TB(-) | CM(0)

コンテ招聘にかかる金額は?


ミランが難しい時間を過ごす現在、アントニオ・コンテがしきりに話題にされている。
最近の失望させる結果によりガットゥーゾはプレッシャーに晒されており、ファンはコンテの就任を要求している。

一方、クラブは今のところリーノを支持しているが、今まで以上にコンテの名が取り沙汰されることになるのは間違いない。

ところで、ミランがコンテと契約した場合、いくらかかるのだろうか。

まず、現在ガットゥーゾは2021年までの契約を結んでおり、年俸として200万ユーロを受け取っている。
仮に明日にでもガットゥーゾを解任した場合、税込みで約1000万ユーロを払う必要がある。

続いて、コンテに払うことになる年俸だが、仮にこれを700万ユーロとし、(チェルシーではこれの約2倍の年俸を貰っていた…)2年契約を結ぶとする。

すると、ミランは2年間で税込み2800万ユーロ、先ほどのガットゥーゾの分も合わせると3800万ユーロを支払うこととなる。

しかし、話はこれで終わりではない。というのもコンテクラスの監督は、迅速に結果を出すためにトッププレーヤーを求めるからだ。
彼を招聘した場合、それと同時に高価な選手の獲得が必須となるだろう。


情報ソース;AC Milan News




こういった金銭的事情に加え、コンテは現在、チェルシーと給料を巡って法廷闘争の真っただ中らしく、そういう面からも招聘は現実的ではありませんね。






にほんブログ村

[ 2018/09/30 18:35 ] 考察 | TB(-) | CM(0)

モンツァに元ミランの3人が入閣か


先日、ベルルスコーニ氏がセリエC所属のモンツァを買収し、そのモンツァにてカカが選手としての役割を担うかもしれないとの報道があった。

一方『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、元ミランの3人がこのクラブで役職を引き受ける可能性があるという。しかし、その中にカカは含まれていない。

具体的に、クリスティアン・ブロッキがテクニカルディレクターを務め、フィリッポ・ガッリがユースを担当。そしてリッカルド・ソリアーノがスポーツディレクターを務めると予想されている。

しかし、ガッリアーニは最近このようなコメントを残している。
「モンツァはよく組織されていて、変える必要はないだろう。」


情報ソース;calciomercato.com








にほんブログ村

[ 2018/09/30 12:03 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)

ガットゥーゾ、怪我人続出のCFに言及



今日の試合前会見にて、ガットゥーゾは現在の難しいチーム状況(成績、怪我人)について言及した。

「ボリーニは足首に問題を抱えており、彼の様子を見る必要がある。明日は何か大きな変化を加えなければいけないかもしれない。」

「イグアインもまだ痛みが残っている。このような状態でリスクを冒した結果、1,2カ月間彼を起用できなくなるといったことにはしたくない。」

「明日の試合に何としても出場しようとするクトローネは称賛されるべきだ。彼は毎日ミラネッロで熱心にコンディションを整えている。我々も彼のこうしたメンタリティを見習わないといけないね。本当に素晴らしい。」

「難しい状況にあるが、クラブは我々を支えてくれている。クラブのサポートに感謝だ。」

「これまでの結果には満足していない。もっと勝てたかもしれない。ただし、改善すべき点は多々あるが、我々は良いゲームもしていた。正しい道を進んでいるし、とにかく致命的なミスを減らしていく必要がある。」


情報ソース;AC Milan News





にほんブログ村
[ 2018/09/30 06:35 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

【サッスオーロ戦】イグアイン欠場が決定、代役はカスティジェホ?



ガットゥーゾはリスクを避け、イグアインを次節サッスオーロ戦に招集しなかった。

しかもクトローネとボリーニの両者も問題を抱えており、完全な準備ができていない。
もし両者を開始から起用できない場合、ガットゥーゾはカスティジェホを偽9番として起用することを検討しているという。

ミランの招集メンバーは以下の通り。

アントニオ・ドンナルンマ
ジャンルイジ・ドンナルンマ
レイナ
アバーテ
カラブリア
ラクサール
ムサッキオ
ロドリゲス
ロマニョーリ
シミッチ
サパタ
バカヨコ
ベルトラッチ
ビリア
ボナベントゥーラ
ケシエ
マウリ
ボリーニ
チャルハノール
カスティジェホ
クトローネ
ハリロビッチ
スソ


情報ソース;calciomercato.com




まさかボリーニまで負傷するとは…。
カスティジェホの偽9番については、正直に言って機能するとは思えませんが最早やむを得ない状況ですね…。

本来であれば勝利が絶対に必要な試合でしたが、こうなった以上は引き分けでも良しとしなければいけないでしょう。





サイト繁栄のため、もしよろしければ↓のバナーのクリックを1日1回お願いします!

にほんブログ村

[ 2018/09/30 04:04 ] 試合 | TB(-) | CM(0)

元バイエルンのルディ、過去に3回ミラン移籍の可能性があった?


元バイエルンミュンヘン所属のセバスティアン・ルディは、過去数年間で3度ミランへの移籍の可能性があったという。

ルディは2017年、ホッフェンハイムからフリーでバイエルンに移籍し25試合に出場した。
そして今季、バイエルンを退団しシャルケに1600万ユーロで移籍した。

しかし、ルディは今夏、ミランからもオファーを受けていたようだ。ミランは彼をビリアの相棒として考え、獲得を目指していたという。
ルディの獲得に近づいたのは今年が初めてではない。2017年にも、フリーで彼を獲得しようと動いていたのだ。

さらに2012年にも、ホッフェンハイムから彼を引き抜こうとしていた。しかし、いずれのチャンスもつかむことはできなかった。


情報ソース;calciomercato.com







サイト繁栄のため、もしよろしければ↓のバナーのクリックを1日1回お願いします!

にほんブログ村

[ 2018/09/30 01:31 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ラミがインザーギに皮肉「彼が監督をやれるなら…」



元ミランのアディル・ラミがフランス紙『L'Equipe』に対し、インザーギへの皮肉を込めたコメントを残した。

「僕は監督になりたいし、なれると思っている。僕はこれまでに多くの偉大な監督の下でプレーした。ガルシア、ブラン、デシャン、エメリ、セードルフといったね。」

「そんな彼らの仕事ぶりを見ていた時、全くもって簡単な仕事じゃないと思ったよ。でも、インザーギがいた。僕は彼に感謝しなければいけないよ。なぜなら、彼のおかげで僕でも監督になれると思いなおしたからね。」

ラミはミランで44試合に出場し、4ゴールを挙げた。


情報ソース;calciomercato.com




これはかなり辛辣ですね…。
当時からピッポとラミは非常に険悪な関係だというのが明らかでしたからね。「インザーギが続投するなら退団する」といったコメントもありましたし。

しかし、確かにピッポはミランで監督として成功を収めることはできませんでしたが、その後セリエCのヴェネツィアを一年でBに昇格させるなど手腕を発揮し、現在はセリエAのボローニャで指揮を執っています。しかも、つい先日にはローマを倒しました。

明らかに敬意を欠いたコメントですし、あまり気分の良いものではありませんね…。





サイト繁栄のため、もしよろしければ↓のバナーのクリックを1日1回お願いします!

にほんブログ村

[ 2018/09/29 21:05 ] レジェンド・OB | TB(-) | CM(0)