コパ・アメリカについての雑感


今回は、現在開催中のコパ・アメリカについて。


今年のコパ・アメリカには、ミランの選手はブラジルのパケタとウルグアイのラクサールの2人が参加しています(コロンビアのサパタ、パラグアイのゴメスを含めれば4人)。


しかしパケタは完全にサブメンバーという扱いであり、GLの3戦いずれも出番はありませんでした。

本人としては間違いなく不本意でしょうし、僕としてもパケタの活躍を見たいというのはありますが、ここまで1年以上不休でプレーし続けている彼に無理をして欲しくないのも事実。

特にコパではかなり激しい削り合いをしますから、怪我のリスクを考えると別にこのままベンチでも・・・と勝手ながら思わなくもないですね。


ジャンパオロ・ミランの核としての活躍が期待される彼が、新体制始動直後から怪我でいないなんて事態は絶対に避けたいですしね。



一方ラクサールは主力としてGLの2試合に先発しましたが、2試合目の日本戦で負傷交代。

こういうのがあるから代表戦は怖いですよね。大怪我ではなさそうなので不幸中の幸いではありましたが。



さて。そんなわけでミラニスタ目線からすると面白味に欠けるコパですが、イチ日本人サッカーファンからすると話は別です。


欧州主要リーグのオフシーズン中にもこうした本気の試合が一つでも多く観られるというのは嬉しいですし、何より日本代表が招待国として参加していますしね。

日本は3戦目に勝利すればGL突破らしいですね。日本とカタールのコパ参加について今さら南米で物議をかもしているらしいですが、気にせずに頑張って欲しいです。



最後に、優勝予想をします。あまり試合を観られていないのですが(笑)


優勝予想はブラジル。優勝してほしいのはコロンビアですね。


ブラジルは1戦目以降観ていないのでちょっと微妙な印象のままなのですが、何だかんだネイマール抜きでも戦力は凄まじいですし地の利もある。
それに決勝ラウンドから調子を上げてくるはずなので、やはり優勝最有力候補かなと。


コロンビアは守備が素晴らしいので推してます(笑)
カウンターマシーンであるムリエルの離脱が痛恨でしたが、それでも組織力があるため対強豪でも勝機は十分かなと。
D・サパタはスタメンで出した方が良いと思いますが。

優勝もあり得ない話ではないと思います。ただそのためにはブラジル戦が鬼門になるでしょうね。



では今回はこの辺で。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/24 20:11 ] 代表戦 | TB(-) | CM(4)