ストリニッチ、復帰に向け一歩前進



 怪我人が続出中のミランですが、一方で復帰の目処が立ちつつある選手もいます。

 1人はアンドレア・コンティ。膝の負傷により1年以上離脱している彼ですが、先日プリマヴェーラで試合に出場。

 その試合後に審判を侮辱したということで3試合の出場停止処分を受けましたが、どうやらこれはプリマでの試合にのみ適応され、セリエAの試合には適応されないようです。
 いずれにせよもう少しで復帰できそうです。


 もう1人が今季から加入したイヴァン・ストリニッチです。
 W杯ではクロアチア代表として奮闘した彼ですが、シーズン開幕前に心臓に問題が見つかり長期離脱していました。
 『カルチョメルカート』によりますと、彼のグループ練習への復帰が近いとのこと。

 検診の結果が良ければ再びチームに加われるそうです。

 ストリニッチの本職は左SBで、そこには既にリカロドとラクサールがいます。しかし、ボナベントゥーラが負傷中の今はラクサールが一列前のサイドハーフで起用されることが多く、そのためひとまずはリカロドの控えとして彼の存在は重要です。

 想像したくはありませんが、彼ら2人の内どちらかが怪我しないとも限りませんしね。


 復帰にはもう少しかかるでしょうし、復帰してもいきなりトップコンディションに戻るのは難しいでしょうが、それでもW杯決勝まで戦い抜いたその経験には大いに期待したいですね。



サッカーランキング


[ 2018/11/15 06:16 ] 選手情報 出場 | TB(-) | CM(0)

構想外中のモントリーボ、戦列に復帰か?


 いくつかの報道によると、ビリアの負傷に伴いモントリーボ(以下リッカ)が再びスカッドに含まれるかもしれないとのことです。

 今季ここまでのリッカの出場時間は0。ガットゥーゾは彼を起用しないことについて「戦術的な選択」と発言していることからも、彼の構想には入っていませんでした。

 思うに、ビリアが離脱することでメンバーの枠が1つ空きますから、そこにリッカが入る可能性はあるでしょう。
ですが出場は難しいのではないかと。

 
 ガットゥーゾのミランでは中盤に特に運動量やフィジカルが求められますが、今のリッカにはどちらも不足しています。
おそらく監督がここまでリッカを冷遇している主要な理由の1つはこれでしょうね。

 出場するとしても途中(それも試合終盤)からというのが個人的な予想です。



にほんブログ村

[ 2018/11/03 00:19 ] 選手情報 出場 | TB(-) | CM(0)